◆SH3435◆著者に聞く! 西田章弁護士『新・弁護士の就職と転職』(前編) 西田 章/重松 英(2020/12/28)

著者に聞く! 西田章弁護士『新・弁護士の就職と転職』(前編)

弁護士 西 田   章

(聞き手) 重 松   英

 

 商事法務より、『新・弁護士の就職と転職――キャリアガイダンス72講』が発売されました。同書の著者である西田章弁護士は、商事法務ポータルの「弁護士の就職と転職Q&A」の連載において、コロナ禍に際して、Q111「外出自粛期間を『創造的休暇』にできるか?」Q116「ステイホームに順応したアソシエイトは勤労意欲を回復できるか?」といった分析を行っていましたが、同書は、連載を収録するのではなく、あらたに書き下ろされています。

 インタビューの前編である今回は、西田弁護士が、前作(『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007))から13年振りに、新作を執筆するに至った経緯についてお尋ねしてみたいと思います。(聞き手 重松英弁護士、2020年12月18日開催(場所 商事法務会議室))

 

前作(『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007))は、私が法学部生時代に発刊されて、ロースクール生時代に読ませていただきました。当時、「弁護士」と言えば、法廷に立つイメージしかありませんでした。「企業法務系の弁護士になった後の姿」を想像させてくれる本がまったくなかったので、とても参考になりました。
ありがとうございます。前書を出版した当時、私は36歳でした。まだ弁護士登録9年目の若造が「『(金払いの)よいお客さん』を見つけられなければどうすればよいか。方法は2つしかない。『よい仕事』をすることをあきらめるか、『商売』として弁護士をすることをあきらめるか。そのどちらかだ」(『弁護士の就職と転職』5頁)なんて偉そうに言い切っているのですから、生意気ですよね。先輩弁護士の先生方からは厳しいご指摘もいただきました(苦笑)。
弁護士業界で9年目というのは、今回の書籍で示された分類でも、まだ「修行期」ですからね。私が、今、丁度、9年目なので、自分が言うことを考えると、結構、勇気が要ります(笑)。先輩方からは、どのような指摘を受けたのでしょうか。
そうですね、一番、印象に残っているのは、「そもそも、弁護士に『就職』とか『転職』という言葉を使うことがケシカラン!」というお叱りです。弁護士は登録したら、自分で依頼者に責任を持たなければならないので、会社に就職するような気分で事務所に入るべきではない、という考え方が根底にあったのだと思います。
今では、日弁連が「ひまわり求人求職ナビ」のサイトを運営していますし、弁護士が普通に民間の転職斡旋業者を利用するようになりましたね。変化のきっかけは何だったのでしょうか。
司法試験合格者の増員とリーマンショックを受けて、新規登録先を見付けられない修習生のことを、マスメディアで「弁護士の就職難」と呼んだのが契機だと思います。ただ、同期世代がアソシエイトを採用する側の年次になって思うと、「弁護士が『就職』とか『転職』という言葉を使うべきではない!」と仰っていた先輩の気持ちもわかるような気もします。
それはどういう意味でしょうか。
個人事務所は減り、共同事務所が増えてきましたが、「経営者とサラリーマン」の集合体ではなく、「ひとりでも食っていける弁護士」の集合体であることを目指すべき、という意味です。「黙っていても毎月給料が振り込まれてくる」という悪いサラリーマン根性が染み付いてしまうと、そこから抜け出すのが難しくなってしまいます。
なるほど、法律事務所でも事業主としての矜恃を持っていなければパートナーにはなれませんよね。ところで、前作は、ヘッドハンターになって1年経ったところで書かれたそうですが、そもそも、なぜ、西田さんは、大手事務所を辞めて人材紹介業を始められたのですか。
前向きな理由と後ろ向きな理由があるのですが(笑)、どちらから話しましょうか。
では、前向きなほうからお願いします。
弁護士人口が増える、と言われていたので、「弁護士が増えて、限られたパイを奪う競争に参加するのか?」「いっそ、弁護士が増えることで市場が拡大するような仕事に従事するべきではないか?」と考えたのが前向きな理由です。
戦略的ポジショニング、というやつですね。それでは、後ろ向きな理由も教えてください。
大手法律事務所では、出向明けはパートナー審査を意識して、稼働時間の長さでも、仕事のクオリティでも自分をアピールしていかなければならない時期に入りますが、その競争に参加するのは無理だと自覚したので、ドロップアウトした先に「何をしようかなぁ」と試行錯誤を重ねて行き着いた先、というのが実態ですね(笑)。

続きはこちらから(どなたでもご覧になれます)

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。
1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。
2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。
著書:『新・弁護士の就職と転職――キャリアガイダンス72講』(商事法務、2020)、『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

(しげまつ・すぐる)

2008年東京大学法学部卒業、2010年東京大学法科大学院修了、2011年弁護士登録(二弁)、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、桃尾・松尾・難波法律事務所、University of Virginia School of Law LL.M留学を経て、現在、法律事務所forkに籍を置きつつ株式会社ツクルバにて法務部長兼広報IRマネージャーを務める。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)