◆SH3320◆最二小判 令和2年2月28日 債務確認請求本訴、求償金請求反訴事件(草野耕一裁判長)

 被用者が使用者の事業の執行について第三者に加えた損害を賠償した場合における被用者の使用者に対する求償の可否

 被用者が使用者の事業の執行について第三者に損害を加え、その損害を賠償した場合には、被用者は、使用者の事業の性格、規模、施設の状況、被用者の業務の内容、労働条件、勤務態度、加害行為の態様、加害行為の予防又は損失の分散についての使用者の配慮の程度その他諸般の事情に照らし、損害の公平な分担という見地から相当と認められる額について、使用者に対して求償することができる。

 民法715条

 平成30年(受)第1429号 最高裁令和2年2月28日第二小法廷判決 債務確認請求本訴、求償金請求反訴事件 破棄差戻

 原 審:平成29年(ネ)第2529号 大阪高裁平成30年4月27日判決
 原々審:平成27年(ワ)第12583号、同28年(ワ)第9176号 大阪地裁平成29年9月29日判決

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索