◆SH3314◆最一小判 令和2年3月30日 賃金請求事件(深山卓也裁判長)

 歩合給の計算に当たり売上高等の一定割合に相当する金額から残業手当等に相当する金額を控除する旨の定めがある賃金規則に基づいてされた残業手当等の支払により労働基準法37条の定める割増賃金が支払われたとはいえないとされた事例

 歩合給の計算に当たり売上高等の一定割合に相当する金額から残業手当等に相当する金額を控除する旨の定めがある賃金規則に基づいてされた残業手当等の支払につき、時間外労働等に伴い発生する残業手当等の額がそのまま歩合給の減額につながり、歩合給が0円となることもあるなど判示の事情の下では、これにより労働基準法37条の定める割増賃金が支払われたとはいえない。

 労働基準法37条

 平成30年(受)第908号 最高裁令和2年3月30日第一小法廷判決 賃金請求事件 破棄差戻し

 原審(第2次控訴審):平成29年(ネ)第1026号 東京高裁平成30年2月15日判決
 第1次上告審:平成27 年(受)第1998号 最高裁平成29年2月29日第三小法廷判決
 第1次控訴審:平成27年(ネ)第1166号 東京高裁平成27年7月16日判決
 第1審:平成24年(ワ)第14472号 東京地裁平成27年1月28日判決




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所