■国交省、「マンションの管理の適正化に関する指針」及び「マンション標準管理規約」の改正について(14日)

 国交省は、「マンションの管理の適正化に関する指針」(告示)および「マンション標準管理規約」(局長通知)の改正を公表した。
 今回の改正は、マンションの管理ルールについて、高齢化等を背景とした管理組合の担い手不足、管理費滞納等による管理不全、災害時における意思決定ルールの明確化などの様々な課題に対応した新たなルールの整備が求められていたことを背景に行われた。
 今回の改正の概要は以下のとおり。
① マンション管理組合による管理の適正化のための必要事項を定めた「マンションの管理の適正化に関する指針」(マンション管理適正化法第3条の指針)の改正を官報公布 → コミュニティ形成の積極的な取組みを新たに明記、外部専門家を活用する場合の留意事項を明記 等
②  区分所有者間で定めるマンションの管理ルール(区分所有法第30条の規約)の標準モデルである「マンション標準管理規約」及びこれの解説である「マン ション標準管理規約コメント」の改正を自治体・関係団体に通知 → 外部専門家の活用、管理費等の滞納に対する措置、暴力団等の排除規定、災害時の管理組 合の意思決定、管理状況などの情報開示に関する規定を整備、コミュニティ条項を再整理 等

 国交省、「マンションの管理の適正化に関する指針」及び「マンション標準管理規約」の改正について(14日)
  http://www.mlit.go.jp/report/press/house06_hh_000133.html