◆SH3229◆最一小判 平成30年3月22日 詐欺未遂被告事件(池上政幸裁判長)

 詐欺罪につき実行の着手があるとされた事例

 現金を被害者宅に移動させた上で、警察官を装った被告人に現金を交付させる計画の一環として述べられた嘘について、その嘘の内容が、現金を交付するか否かを被害者が判断する前提となるよう予定された事項に係る重要なものであり、被害者に現金の交付を求める行為に直接つながる嘘が含まれ、被害者にその嘘を真実と誤信させることが、被害者において被告人の求めに応じて即座に現金を交付してしまう危険性を著しく高めるといえるなどの本件事実関係(判文参照)の下においては、当該嘘を一連のものとして被害者に述べた段階で、被害者に現金の交付を求める文言を述べていないとしても、詐欺罪の実行の着手があったと認められる。(補足意見がある。)

 刑法43条、246条、250条

 平成29年(あ)第322号 最高裁平成30年3月22日第一小法廷判決 詐欺未遂被告事件 破棄自判 (刑集第72巻1号82頁)

 第2審:平成28年(う)第1622号 東京高裁平成29年2月2日判決
 第1審:平成28年(わ)第107号 長野地裁平成28年8月9日判決

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所