◆SH0493◆中国:中国大陸・香港ファンド相互承認制度の開始 德地屋圭治(2015/12/02)

中国:中国大陸・香港ファンド相互承認制度の開始

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 德地屋 圭 治

 2015年5月22日、中国証券監督管理委員会と香港証券先物事務監察委員会とは、中国大陸・香港ファンド相互承認制度の実施に関する原則、相互承認の方式及び実務に関し、覚書を締結するとともに、それぞれ関連の規定を公布した。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(とくじや・けいじ)

長島・大野・常松法律事務所弁護士。2003年東京大学法学部卒業、2011年University of California, Berkeley, School of Law卒業(LL.M.)。2013年Peking University Law School卒業(LL.M.)。2013年4月から1年半台北に駐在して理律法律事務所(Lee and Li)に勤務し、2015年1月から中倫弁護士事務所北京オフィスに勤務している。日本企業による中国・台湾企業の買収案件等のM&Aを中心とし て、日本企業による中国・台湾進出のサポート、労務・契約紛争などの紛争解決、競争法関連の問題などを取り扱っている。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、弁護士約350 名が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野に対応できるワンストップファームとして、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

東京オフィスにおいてアジア法務を取り扱う「中国プラクティスグループ(CPG)」及び「アジアプラクティスグループ(APG)」、並びにアジアプラクティスの現地拠点であるシンガポール・オフィス、バンコク・オフィス、ホーチミン・オフィス、ハノイ・オフィス、上海オフィス及びアジアの他の主要な都市に駐在する当事務所の日本人弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携・人的交流を含めた長年の協力関係も活かして、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を効率的に支援する体制を整えております。

詳しくは、こちらをご覧ください。