◆SH3210◆関西電力、金品等の受取り問題で旧取締役5名に損害賠償請求訴訟を提起――株主からの提訴請求等を踏まえるも、監査役については提訴せず(2020/06/24)

関西電力、金品等の受取り問題で旧取締役5名に損害賠償請求訴訟を提起

――株主からの提訴請求等を踏まえるも、監査役については提訴せず――

 

 

 関西電力の役員等が、原発立地自治体の元助役から金品等を受け取っていた問題で、同社の監査役は6月15日、旧取締役5名に対し、本件問題に関する善管注意義務違反があるとして責任追及の訴えを提起することを決定し、6月16日に大阪地裁に提訴した。

 

 本件問題については、同社の第三者委員会(委員長=但木敬一弁護士)の調査報告書が3月14日に取りまとめられたことや、同社の個人株主から取締役および監査役に対する責任追及訴訟の提起請求を受けたことから、関西電力は「独立性を確保した利害関係のない立場にある社外の弁護士に調査を委嘱し、その客観的かつ厳正な調査結果を受け、当社現旧取締役および現旧監査役に対する責任追及の訴えの提起の要否」について検討していた。

 

 そして、取締役責任調査委員会(委員長=才口千晴弁護士)が6月8日に取りまとめた調査報告書に基づき、提訴請求の対象となっている現旧取締役のうち同社前会長ら旧取締役5名について、本件問題に関する善管注意義務違反があるとして、19億3,600万円の損害賠償を請求する訴訟を同社監査役が提起した。

続きはこちらから