◆SH3171◆ESG・SDGsの世界的潮流と会社法に与えるインパクト――企業の取組みからの検討(3・完) 吉戒修一(2020/05/29)

ESG・SDGsの世界的潮流と会社法に与えるインパクト

――企業の取組みからの検討(3・完)――

弁護士 吉 戒 修 一

 

Ⅲ ESG・SDGsが会社法に与えるインパクト

1 企業の取組みと会社法

 前述したESG、SDGsに対する世界と日本の企業の取組みをみれば、この取組みは、企業が従来から行っていたCSR活動の域を超えており、その内容および規模において企業の本業の中に取り込まれ、そのビジネスモデルの刷新を促しつつあることが理解できる。そして、この企業の取組みは、国際社会からの要請に基づくものであるが、持続可能な世界の実現に貢献するとともに、企業自体の持続的成長に資するものでもあるということができる。

 そうであれば、このようなESG、SDGsに対する企業の取組みを手掛かりとして、これを会社法の体系の中でどのように位置づけるかが検討すべき課題であるように思われる。すなわち、国際社会からの要請に基づく持続可能な世界の実現に貢献し、かつ、企業自体の持続的成長に資するような企業の取組みについて、これを会社の組織、機関、資金調達、情報開示等の規律のあり方にインパクトを与えるものと考えるべきかが検討課題であると思われる。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

(よしかい・しゅういち)

1948年生、1970年司法試験合格、1973年東京地裁判事補、1992年法務省民事局参事官(商法担当)、1996年東京地裁部総括判事、2001年法務省人権擁護局長、2006年東京高裁部総括判事、2010年東京地裁所長、2011年大阪高裁長官、2012年東京高裁長官、2013年TMI総合法律事務所顧問弁護士、2016年丸紅社外監査役。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所