◆TL◆商事法務メルマガno.1065(2014.4.22)

商 事 法 務 メ ー ル マ ガ ジ ン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
T┃o┃p┃i┃c┃s┃!┃※企業法務に関する話題を紹介します
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

《官庁等情報》

■国交省、「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」を設置(21日)

 http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000103.html

□内閣府、対日直接投資に関する有識者懇談会報告書を公表(21日)

 http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/investment/report.pdf

■財務省、第2回OECD消費税グローバルフォーラムの開催と「『OECD国境を越えた取引に係る消費税ガイドライン』の成果に関する声明」を公表(18日)

 http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/international/20140418vatgf.htm

□官邸、閣議(平成26年4月1日開催)の議事録を初公開(22日)

 http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2014/kakugi-2014040101.html#minutes

■厚労省、受動喫煙防止対策助成金の平成26年度申請受付について(21日)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/kitsuen/index.html

□総務省、テレコムスクエアに対する個人情報の適正な管理の徹底に係る措置(指導)を公表(18日)

 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000138.html

 ○テレコムスクエアのプレスリリース

  http://www.telecomsquare.co.jp/news/20140418_1685.html

■総務省、消費者取引に関する政策評価 <調査結果に基づく勧告>を公表(18日)

 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/84357.html

□法曹養成制度改革推進会議、法科大学院に対する教員としての裁判官・検察官の派遣を見直し(18日)

 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hoso_kaikaku/dai2/gijisidai.html

 http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201404/18_a.html

■金融庁、バーゼル銀行監督委員会による「バーゼルIIIの流動性カバレッジ比率(2013年1月)へのよくある質問(FAQ)」の公表(18日)

 http://www.fsa.go.jp/inter/bis/20140418-1.html

□金融庁、バーゼル銀行監督委員会による最終規則文書「大口エクスポージャーの計測と管理のための監督上の枠組」を公表(18日)

 http://www.fsa.go.jp/inter/bis/20140418-2.html

■金融庁、オウケイウェイヴとの契約締結交渉者からの情報受領者による内部者取引に対する課徴金納付命令を決定(21日)

 http://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20140421-1.html

□金融庁、リソー教育に係る有価証券報告書等の虚偽記載に対する課徴金納付命令を決定(21日)

 http://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20140421-2.html

 ○リソー教育のプレスリリース

  http://www.riso-kyoikugroup.com/ir/pdf/2014/20140421_6.pdf

■金融庁、公開買付者との契約締結者の役員からの情報受領者の役員によるメガネトップ株式に係る内部者取引に対する課徴金納付命令を決定(21日)

 http://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20140421-3.html

□特許庁、産業財産権情報提供サービスに関する調査報告書を公表(18日)

 http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/chousa/sangyou_zaisan_service_houkoku.htm

■国税庁、取引相場のない株式等の評価(純資産価額方式における法人税額等相当額)について(22日)

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hyoka/140407/pdf/01.pdf

□消費者庁、阿南消費者庁長官記者会見要旨(公益通報者保護制度に関する意見聴取の実施)(16日)

 http://www.caa.go.jp/action/kaiken/c/140416c_kaiken.html

■消費者庁、2020年東京五輪の開催予定地近隣の用地買収等を行っていると装い社債を募集するエーラインに関する注意喚起(18日)

 http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/140418adjustments_1.pdf

□証券監視委、適格機関投資家等特例業務に関する特例についての建議を公表(18日)

 http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2014/2014/20140418-1.htm

■東証、2件の規則改正の概要と新旧対照表

 ○呼値の単位の段階的な適正化に伴う信認金、取引参加者保証金及び発行日決済取引の売買証拠金の代用有価証券に関する規則(21日)

 ○業務規程施行規則(18日)

  http://www.tse.or.jp/rules/regulations/taisho.html

□大証、呼値の単位の段階的な適正化に伴う信認金及び取引参加者保証金の代用有価証券に関する規則の一部改正(21日)

 http://www.ose.or.jp/news/24527

■会計士協会、租税調査会研究報告第28号「個人所得税における課税最低限について」を公表(21日)

 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/28_1.html

□会計士協会、「リサーチ・センター審理情報〔№17〕「電子開示制度により有価証券報告書等を提出する場合の監査上の留意点について」」及び「EDINETにより有価証券報告書等を提出する場合の実務上の留意点に関するQ&A(中間報告)」を廃止(18日)

 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/17edinet.html

■会計士協会、自主規制・業務本部平成26年審理通達第2号「EDINETで提出する監査報告書及び財務諸表等に関する監査上の留意点」を公表(18日)

 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/26edinet.html

□企業会計基準委、IASBのマクロヘッジの会計処理に関するディスカッション・ペーパーについて(21日)

 https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20140417.shtml

■大弁、「商品先物取引法施行規則」及び「商品先物取引業者等の監督の基本的な指針」改正案に対する意見書を公表(21日)

 https://www.osakaben.or.jp/speak/view.php?id=55

□経団連等、TPPに関する共同提言を公表(21日)

 http://www.keidanren.or.jp/policy/2014/037.html

■国セン、裁判例情報(医師が事前の同意なく患者の診療情報を漏示した行為の違法性)を追加(21日)

 http://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/201404_1.html

□生保協会、株式価値向上に向けた取り組みに関する調査結果等を公表(18日)

 http://www.seiho.or.jp/info/news/2014/0418.html

■投資信託協会、投資信託の世界統計(2013年第4四半期)を公表(18日)

 http://www.toushin.or.jp/statistics/world/

□帝国データ、家賃債務保証会社43社の経営実態調査を公表(21日)

 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p140408.html

■帝国データ、新規株式上場意向に関するアンケート調査

 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p140409.html

 

《企業等の動向》

□リソー教育関連

 ○経営する学習塾の退会者への返金に関し、返金対応方針と実施に関する「再建委員会」を設置(18日)

  http://www.riso-kyoikugroup.com/ir/pdf/2014/20140418_1.pdf

 ○過年度に係る有価証券報告書等の訂正報告書の提出及び過年度に係る決算短信等(訂正版)の公表(18日)

  http://www.riso-kyoikugroup.com/ir/pdf/2014/20140418_3.pdf

 ○不適正な売上計上等の再発防止策の進捗状況に関するお知らせ(21日)

  http://www.riso-kyoikugroup.com/ir/pdf/2014/20140421_2.pdf

 ○コーポレート・ガバナンス体制の改革(21日)

  http://www.riso-kyoikugroup.com/ir/pdf/2014/20140421_1.pdf

■三菱UFJニコス、暗号化ソフトOpenSSLの脆弱性により同社Webサービス上で894名の顧客情報が不正閲覧された事象の経緯と対応を公表(18日)

 http://www.cr.mufg.jp/corporate/info/pdf/2014/140418_01.pdf

□コニカミノルタ、国際会計基準(IFRS)の任意適用を公表(18日)

 http://www.konicaminolta.jp/about/release/2014/0418_01_01.html

■マツヤ、平成26年2月期の決算短信及び有報における継続企業の前提に関する注記について公表(18日)

 http://www.daiwair.co.jp/CIB/7452/press/2014/pdf/p_20140418_02.pdf

□築地魚市場、監査役の辞任及び補欠監査役の監査役就任を公表(18日)

 https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140418040770.pdf

 ○「当社株式の大規模買付行為への対応策(買収防衛策)」に基づく独立委員会委員の一部交代(18日)

  https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140418040748.pdf

■カネボウ、化粧品をめぐる白斑問題で「品質と安全への取り組み」(安全基準)を公表(21日)

 http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/csr/quality.html

□チッソ、孫会社元従業員による不正行為の発覚と今後の対応を公表(18日)

 http://www.chisso.co.jp/news/pres140418.html

■太陽商会、不適切な会計処理についての報告を公表(21日)

 http://taiyo-shokai.jp/_disclosure/20140421_1.pdf

 ○一時会計監査人の選任(21日)

  http://taiyo-shokai.jp/_disclosure/20140421_3.pdf

□大日精化工業、同社株式の大量買付行為に関する対応策(買収防衛策)の継続を公表(18日)

 http://www.daicolor.co.jp/ir/download/ot_pdf/ot_h2603_04.pdf

■KOA、同社株式等の大量買付行為に関する対応策(買収防衛策)の継続を公表(21日)

http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1140163&code=6999&ln=ja&disp=simple

□保土谷化学工業、同社株式の大量買付行為に関する対応策(買収防衛策)の導入を公表(21日)

 http://www.hodogaya.co.jp/wp-content/uploads/2014/04/140421.pdf

 

《裁判動向》

■米ワシントン特別区控訴裁判所、米SECが米国上場企業に対して鉱物の調達先等に関する情報開示を義務づけることは違憲との判断(14日付)

□上海海事法院、上海の船会社が1937年前後に商船三井の前身会社に貸した貨物船の賃貸料が未払いであるとして、商船三井に約29億円の賠償を支払うよう命じる同法院の判決に基づき、浙江省に停泊する商船三井所有の鉄鉱石運搬船を差し押えたと発表(19日付)

 http://shhsfy.gov.cn/hsinfoplat/platformData/infoplat/pub/hsfyintel_32/docs/201404/d_280007.html

 ○商船三井のプレスリリース(21日)

  http://www.mol.co.jp/pr/2014/14026.html

 

《法案提出・審議状況》

■官邸、定例閣議案件(22日)

 http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2014/kakugi-2014042201.html

□東日本大震災復興特別区域法の一部を改正する法律案、参議院東日本大震災復興特別委員会で可決され本会議審議へ(21日)

 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DBACC6.htm

■原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律案、参議院経済産業委員会に付託(18日)

 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DB7F26.htm

□海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案、衆議院国土交通委員会に付託(21日)

 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DB831A.htm

■行政不服審査法案、衆議院総務委員会に付託(21日)

 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DB82BA.htm

□行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案、衆議院総務委員会に付託(21日)

 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DB82EE.htm

■行政手続法の一部を改正する法律案、衆議院総務委員会に付託(21日)

 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DB8442.htm

 

《パブリック・コメント(意見募集開始)》

□消費者庁、「募集型企画旅行の表示に関する公正競争規約」等の一部変更案に関する意見募集を開始(18日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=235070017&Mode=0

■国交省、「貨物自動車運送の安全確保に向けた対策について(案)」に関する意見募集を開始(18日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155140913&Mode=0

 

《パブリック・コメント(結果・意見等)》

□特定個人情報保護委員会、「特定個人情報保護評価に関する規則(案)」及び「特定個人情報保護評価指針(案)」に対する意見募集結果を公表(18日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=240000001&Mode=2

■金融庁、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件の一部改正(案)」に対する意見募集結果を公表(18日)

 http://www.fsa.go.jp/news/25/sonota/20140418-2.html

□特許庁、「共通特実検索システム(文献照会部分)設計・開発及び運用サービス一式」調達仕様書(案)等に対する意見募集結果を公表(21日)

 http://www.jpo.go.jp/koubo/choutatu/choutatu2/kensaku_system_iken_kekka.htm

■農水省、「食品の流通部門の構造改善を図るための基本方針(案)についての意見・情報の募集について」に対する意見募集結果を公表(22日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001870&Mode=2

□会計士協会、実務対応報告公開草案第40号「リース手法を活用した先端設備等投資支援スキームにおける借手の会計処理等に関する実務上の取扱い(案)」に対する意見を公表(18日)

 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/40_5.html

■会計士協会、企業会計基準公開草案第56号(企業会計基準第12号の改正案)「四半期財務諸表に関する会計基準(案)」及び企業会計基準適用指針公開草案第51号(企業会計基準適用指針第14号の改正案)「四半期財務諸表に関する会計基準の適用指針(案)」に対する意見を公表(18日)

 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/56125114.html

□会計士協会、「IT委員会研究報告第44号「新EDINETの概要とXBRLデータに関する監査人の留意事項」」を公表(21日)

 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/44edinetxbrl.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃日┃の┃書┃棚┃★┃☆┃★┃(価格は税込み。送料実費)
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

●事例もまじえて、国際仲裁の実務を分かりやすく解説

 『よくわかる国際仲裁』

 フレッシュフィールズブルクハウスデリンガー法律事務所(230頁、本体2500円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2186-2

●「変貌する法曹の『有能性』:マクレイト・レポートからCLEAベスト・プラクティス・プロジェクトへ」

 『法と実務Vol.10』

 日弁連法務研究財団 編(本体5000円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2181-7

●野村豊弘先生古稀記念論文集

 『民法の未来』

  本山 敦ほか 編(656頁、本体12000円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2180-0

●アクティビス株主と買収防衛策に関する最新動向

 『アクティビスト・敵対的買収対応の最新動向〔西村高等法務研究所叢書9〕』

  西村高等法務研究所 編(172頁、本体1800円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2184-8

●若手研究者による注目の研究成果

 『非営利法人の役員の信認義務--営利法人の役員の信認義務との比較考察』

 松元暢子(A5判455頁、本体8500円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2179-4

 

_/_/まもなく発売

○全国107法律事務所をセレクトしてまとめた画期的な法律事務所ガイド

 『全国版 法律事務所ガイド2014』

  商事法務 編(260頁、本体2400円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2188-6

○よくある質問を抽出したうえで、「質問」「回答」「関連法規」「記載事例」の形式で解説

 『有価証券報告書作成の実務Q&A』

  宝印刷 総合ディスクロージャー研究所 編(306頁、本体3500円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2187-9

○平成24年末に最高裁判所判事を退官された須藤正彦弁護士の退官記念著作集

 『弁護士から最高裁判所判事へ-折り折りの思索』

 須藤正彦 著(436頁、本体5500円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2185-5

 

_/_/別冊商事法務

○No.384『平成24・25年インサイダー取引規制関係改正資料』

 別冊商事法務編集部 編(360頁、本体4100円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-5218-7

○No.385『事業報告記載事項の分析』

 三菱UFJ信託銀行証券代行部 編(257頁、本体3500円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-5219-4

○No.386『臨時報告書における議案別議決権行使結果とその分析』

 みずほ信託銀行株式戦略企画部・日本投資環境研究所 編(153頁、本体2600円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-5220-0

 

_/_/別冊NBL

○No.146『民法(債権関係)改正に関する比較法資料』

 法務省民事局参事官室(参与室)編(301頁、本体3800円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-7118-8

○No.145『環太平洋諸国〔日・韓・中・米・豪)における外国判決の承認・執行の現状』

 増田 晋 編著(244頁、本体3400円+税)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-7117-1

 

☆既刊書籍・別冊商事法務・別冊NBLの検索・ご購入は下記へ↓

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/contents/list/index.html

☆近刊一覧は下記へ↓

 http://www.shojihomu.co.jp/

★全国の主要常備店はこちら↓

 http://www.shojihomu.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セ┃ミ┃ナ┃ー┃★┃☆┃★┃《募集中!ビジネス・ロースクール》
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

※企業の「取引」行為を柱に据えてわかりやすく解説

『法務・審査担当者のための簿記・企業会計・税務入門講座』

<東京><セミナー番号11140424>

■講師:染谷英雄 公認会計士・税理士(つばさ税理士法人)

■日時:2014年4月24日(木)午後2時~5時

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=373

 

※全3講連続講座

『法務スタッフのための「これだけは知っておきたい」ポイント解説〔契約編〕』

<東京><セミナー番号11140425>

■テーマと講師:

 第1講:契約条項の基本と実務(井上愛朗・弁護士(森・濱田松本法律事務所))

 第2講:知的財産権をめぐる契約条項の基本と実務(三好 豊・弁護士(森・濱田松本法律事務所))

 第3講:M&Aにおける契約条項の基本と実務(森田恒平・弁護士(森・濱田松本法律事務所))

■日時:2014年4月25日(金),5月13日(火),20日(火)各午後1時30分~4時30分(合計9時間)

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=374

 

※重点集中講義

『総務担当者のための法律知識と法律技術』

■講師:松本伸也 弁護士(丸の内総合法律事務所)

<大阪><セミナー番号21140501>

■日時:2014年5月1日(木)午前10時~午後5時

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=375

<東京><セミナー番号11140515>

■日時:2014年5月15日(木)午前10時~午後5時

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=376

 

※担当者の悩み解消へのヒント

『実践・コンプライアンス改革〈全2回連続講座〉』

<東京><セミナー番号11140508>

■講師:増田英次 弁護士(増田パートナーズ法律事務所)/國廣 正 弁護士(国広総合法律事務所)

■日時:2014年5月8日(木)午後1時~5時30分,22日(木)午後1時30分~5時30分

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=377

 

※平成26年定時株主総会後の登記等に備えて

『基礎からマスター 事務局スタッフのための商業登記実務』

<東京><セミナー番号11140509>

■講師:鈴木龍介 司法書士(司法書士法人 鈴木事務所)

■日時:2014年5月9日(金)午後1時30分~4時30分

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=378

 

※企業の担当者が押さえておきたい基本を整理

『企業における刑事事件対応の基本と実務』

■講師:柳原克哉 弁護士(弁護士法人 第一法律事務所)

<東京><セミナー番号11140521>

■日時:2014年5月21日(水)午後1時30分~4時30分

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=379

<大阪><セミナー番号21140613>

■日時:2014年6月13日(金)午後2時~5時

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=391

 

※事例を通じて契約実務の「目の付け所」をわかりやすく講義

『事例で学ぶ 企業法務の契約実務』

<東京><セミナー番号11131004>

■講師:遠藤元一 弁護士(東京霞ヶ関法律事務所)

■日時:2014年5月23日(金)午後1時30分~4時30分

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=380

 

※基本事項と実務対応を一連の流れに沿って解説

『国内法務担当者のための国際取引・紛争対応の基礎と実務』

■講師:坂本正充 弁護士(シティユーワ法律事務所)

<東京><セミナー番号11140527>

■日時:2014年5月27日(火)午後1時30分~4時30分

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=382

<大阪><セミナー番号21140612>

■日時:2014年6月12日(木)午後1時30分~4時30分

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=381

 

※法務(総務)担当者が押さえておきたい基本事項と実務

『グループ内再編入門講座』

<大阪><セミナー番号21140528>

■講師:大川 治 弁護士(堂島法律事務所)/鈴木龍介 司法書士(司法書士法人 鈴木事務所)

■日時:2014年5月28日(水)午後1時~5時

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=383

 

※資材・購買・調達・下請-営業取引における

『取引基本契約書の作成と審査』

■講師:宮島敏夫 元神奈川大学法学部教授

<大阪><セミナー番号21140530>

■日時:2014年5月30日(金)午前10時~午後5時

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=384

<東京><セミナー番号11140606>

■日時:2014年6月6日(金)午前10時~午後5時

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event_info.html&NO=385

 

★現在募集中のセミナー案内、PDFパンフレットは下記へ↓

 http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?URL=event.html

※お申込み・お問合せは下記へ↓

 law-school@shojihomu.co.jp

(なお、状況により開催を見合わせることがございますことを、あらかじめご了承賜りますよう、お願いいたします。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
N┃B┃L┃最┃新┃号┃★┃☆┃★┃※主な記事のご案内
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<4月15日号>

○暴追団体訴訟制度の成立の経緯および内容と課題について 三木浩一

●船舶金融債権の倒産手続からの保護――船舶特有の実務上の論点を中心に 吉田麗子

○農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律の分析――太陽光発電を念頭に置いて 坂井 豊/飯田浩司

●徹底フォロー! 法制審民法(債権関係)部会 第3ステージの審議状況(15)――約款(第85回会議より) 忍岡真理恵

○Q&Aと記載例から学ぶ!! B to Bの少額債権の管理・保全・回収の実務 第3回 少額債権の回収~任意交渉による回収~ 北詰健太郎

●エルピーダ物語 第3回 エルピーダメモリの知的財産権をめぐる諸問題 小林信明/松井 衡/鐘ヶ江洋祐/松永 崇

○米国の非公開企業を対象とするM&A条項のマーケット・トレンド(2) 渡辺直樹/根本鮎子

●「第三者委員会報告書格付け委員会」の概要と今後の活動について 竹内 朗

○東芝[うつ病・解雇]事件(最二小判平成26・3・24)について 牟礼大介

●統合報告書は、統合思考から 水口 剛

 

※「NBL」(月2回発行) 年間購読料28,000円[半年14,500円](+税)

 お申込み・お問合せは下記へ↓

 http://www.shojihomu.co.jp/

…………………………………………………………………………………………

「NBLデータベース」のお申込みは下記へ↓

 http://www.shojihomu.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
資┃料┃版┃商┃事┃法┃務┃最┃新┃号┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<3月号>

○日本版スチュワードシップ・コードについて思う

●トピックス 近時の株主優待制度の傾向と分析 仁科秀隆/後藤晃輔

○改正会社法シリーズ2 子会社管理責任および親子会社取引にかかる実務対応――内部統制にかかる10項目の決議の見直し等―― 山田和彦

●最近の裁判動向 福岡魚市場株主代表訴訟上告審判決(最一判平26・1・30/福岡高判平24・4・13)付・主要な株主代表訴訟事件一覧表

○資料

 1 社外取締役・取締役会に期待される役割について――日本取締役協会・平成26年3月7日

 2 「責任ある機関投資家」の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》――日本版スチュワードシップ・コードに関する有権者検討会・平成26年2月26日

●ネットかわら版 第10回 クラウドファンディングによる資金調達事例と法規制の動向 中島 茂/澁谷展由

○調査特集 収集通知発送日早期化状況調査 ――平成25年6月総会1,872社―― 木村敢二

●平成25年6月総会 

1 報酬改定議案の事例分析 付・6月総会会社の役員報酬改定状況一覧

2 計算書類 ――後発事象を中心に―― 付・6月総会会社の後発事象記載状況一覧

◎平成26年2月総会33社

 

※「資料版/商事法務」(月刊誌) 年間購読料43,000円(+税)《分売不可》

 お申込み・お問合せは下記へ↓

 http://www.shojihomu.co.jp/

…………………………………………………………………………………………

「資料版/商事法務データベース」のお申込みは下記へ↓

 http://www.shojihomu.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
旬┃刊┃商┃事┃法┃務┃最┃新┃号┃※公益社団法人商事法務研究会発行
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<4月15日>

○東京大学比較法政シンポジウム 日本経済の活性化に向けたコーポレートガバナンス

 ストーリーのあるコーポレートガバナンス-株主価値向上のために企業に提供すること- 井口譲二

 コーポレートガバナンス向上に向けた内外の動向-スチュワードシップ・コードを中心として- 神作裕之

●社外取締役の役割を踏まえた取締役会運営(5・完) 旭硝子の取締役会運営とコーポレート・ガバナンス 藤野 隆/上田敏裕

○金商法・独禁法等の事前予測困難性・萎縮効果と内部統制システムの尊重 木目田裕/山田将之

●会社法改正を見据えた株主総会対応(6) 株主総会議事運営における留意点 三浦亮太

○平成25年改正金商法政府令の解説(2) 投資証券等の取引に関するインサイダー取引規制の導入等 中谷 衛/御厨景子/河原雄亮/粕谷晋史

●商事法判例研究 No.573(京都大学商法研究会) 株主代表訴訟勝訴株主の会社に対する弁護士報酬の支払請求 山田泰弘

 

◎最新号の目次は下記へ↓

 http://www.shojihomu.or.jp/shojihomu/shojihomu140415.html

◎バックナンバーの目次は下記へ↓

 http://www.shojihomu.or.jp/shojihomu.html

※「旬刊商事法務」(月3回発行) 年間購読料33,000円[半年16,500円](+税)

 お申込み・お問合せは下記へ(社団法人商事法務研究会)↓

 http://www.shojihomu.or.jp/order.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□「再建手法の変化と更生実務の新たな展開」~『新・更生計画の実務と理論』上梓にあわせて~

日 時    5月24日(土)13時~ (終了後、懇親会)

場 所 マツダ八重洲通ビル 9F「ホール」(東京都中央区八丁堀1-10-7)

対象者    事業再生研究機構会員、一般

内 容 [モデレーター] 富永浩明氏(弁護士)・野村祥子氏(弁護士)

開会の辞 伊藤 眞氏([当機構代表理事])

 第1部 更生計画研究会における研究成果~テーマ別報告

  [基調報告] 更生計画研究会の総括 松下淳一氏(東京大学教授)

  東京地裁における会社更生手続の運用 大竹昭彦氏(東京地裁民事第8部総括判事)

 [個別報告] 再建手法 中森 亘氏(弁護士)

  更生担保権 三森 仁氏(弁護士)

  更生債権 小畑英一氏(弁護士)

  その他事項 富永浩明氏(弁護士)

  税務会計 溝端浩人氏(公認会計士・税理士)

  管財人に選任される「申立代理人」の地位 松下祐記氏(千葉大学教授)

 第2部 パネルディスカッション更生手続における実務的課題と新しい論点~DIP 型更生手続・更生担保権・国際倒産~ 

 [パネリスト]小林信明氏(弁護士)/髙井章光氏(弁護士)/縣 俊介氏(弁護士)/鐘ヶ江洋祐氏(弁護士)/浅沼雅人氏(弁護士)

コメント&閉会の辞 岡 正晶氏(弁護士[当機構専務理事])

お申込み 「参加申込書」に必要事項をご記入のうえ、5 月16 日(金)までにメールかfax (03-3664-8843)にてお申込みください。

受講料    会員(個人・法人)5,000 円、一般5,000 円

主 催 事業再生研究機構

共 催 事業再生実務家協会、全国倒産処理弁護士ネットワーク

定 員 200名

プログラム兼参加申込書

 http://www.shojihomu.co.jp/images/stories/pdf/jigyo-saisei/2014program.pdf

 

■債権法改正研修 ~理論と実務の架橋を目指して~公益財団法人日弁連法務研究財団主催

「要綱仮案 審議上の重要論点から ~約款,保証,債権譲渡,消滅時効等~」

共 催:東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会・関東弁護士会連合会

日 時:5月22日(木)午後1時~5時 ★12時半開場(先着順受付=満席次第締切)

会 場:弁護士会館2階 講堂クレオ

    http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/map.html

講 師・パネリスト

 内田  貴(法務省参与・法制審議会民法(債権関係)部会委員)

 道垣内弘人(東京大学教授・法制審議会民法(債権関係)部会幹事)

 大村 敦志(東京大学教授・法制審議会民法(債権関係)部会幹事)

 岡  正晶(第一東京弁護士会・法制審議会民法(債権関係)部会委員)

 高須 順一(東京弁護士会・法制審議会民法(債権関係)部会幹事)

 深山 雅也(第二東京弁護士会・法制審議会民法(債権関係)部会幹事)

報告者: 泉原 智史(日弁連法務研究財団研究員・東京弁護士会)

コーディネーター: 篠塚  力(東京弁護士会法制委員会委員長)

          飯島奈津子(横浜弁護士会)

参加自由・無料

財団会員・弁護士でない方もご自由にご参加ください!

 https://www.jlf.or.jp/work/kenkyu_743.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆民法(債権法)改正検討委員会ホームページはこちら↓

 http://www.shojihomu.or.jp/saikenhou/indexja.html

 

★法教育フォーラムホームページはこちら(メルマガ登録も)↓

毎週木曜日に「法教育レポート」更新中

 http://www.houkyouiku.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

商事法務 Mail Magazine No.1065(2014/4/22)

◆発信元 株式会社商事法務 《編集:メルマガ編集室》

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10茅場町ブロードスクエア3階

tel03-5614-5651(営業部) fax03-3664-8844