◆SH3180◆中国:個人情報安全規範の改正(3) 鈴木章史(2020/06/03)

中国:個人情報安全規範の改正(3)

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 鈴 木 章 史

 

ユーザープロファイリング及びパーソナライズに関する規制

 近時のビジネスにおいて、ユーザープロファイリングやパーソナライズといった手法が頻繁に用いられるようになった状況に鑑み、ユーザープロファイリングやパーソナライズの過程において、情報管理者が遵守すべき事項が改正版で新たに規定された。

 まず、ユーザープロファイリングとは、個人情報の取得、集約、分析により、特定の自然人個人の特徴(例えば、職業、経済、健康、教育、個人的嗜好、信用、行動等)について分析又は予測し、その個人の特徴モデルを形成するプロセスをいう(現行版3.7条/改正版3.8条)。ユーザープロファイリングを行う過程で、個人情報の主体の特徴の記述に際して、わいせつ、ポルノ、ギャンブル、迷信、テロ、暴力の内容を記述に含めてはならず(改正版7.4条a-1)、民族、人種、宗教、障害又は疾病差別に関する記述を行ってはならない(改正版7.4条a-2)と規定された。 また、事業活動又は対外事業提携において、ユーザープロファイリングを行う場合には、市民、法人、その他の組織の合法的な権利や利益を侵害してはならず(改正版7.4条b-1)、国家の安全保障を危険にさらす行為、国家権力の破壊や国家分裂の扇動、テロや過激主義、民族的差別の促進、暴力又はわいせつ情報の拡散、虚偽情報の流布等の行為を行ってはならないとされた(改正版7.4条b-2)。なお、ユーザープロファイリングに際しては、使用目的を達成するために必要な場合を除き、身分を明確に示す内容を消去し、特定の個人が正確に識別されることを回避しなければならないことも明確化された(改正版7.4 条c)。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(すずき・あきふみ)

2005年中央大学法学部卒業。2007年慶應義塾大学法科大学院修了。2008年弁護士登録(第一東京弁護士会)。同年都内法律事務所入所。2015年北京大学法学院民商法学専攻修士課程修了。同年長島・大野・常松法律事務所入所。主に、日系企業の対中投資、中国における企業再編・撤退、危機管理・不祥事対応、中国企業の対日投資案件、その他一般企業法務を扱っている。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
長島・大野・常松法律事務所