◆SH3126◆積水ハウス、会場・時刻変更の定時株主総会開催禁止等の仮処分申立てが却下されたと発表――大阪地裁による却下決定、変更後の総会を翌日予定どおり開催 (2020/04/30)

積水ハウス、会場・時刻変更の定時株主総会開催禁止等の
仮処分申立てが却下されたと発表

――大阪地裁による却下決定、変更後の総会を翌日予定どおり開催――

 

 積水ハウス(本社:大阪市北区・梅田スカイビルタワーイースト、東証・名証市場第一部上場)は4月17日に発表した株主による定時株主総会開催禁止等の仮処分申立てを巡り、同月22日、21日に申立人から一部取下げがあったこととともに22日に大阪地方裁判所が却下決定を下したと発表した。

 同社の4月17日付発表によると、本件仮処分は同社取締役である株主1名が16日、大阪地裁に申し立てたもので、当該株主は定時総会に上程される株主提案・第8号議案「取締役11名選任の件」の提案株主の1人でもある。株主提案は仮処分申立ての同社取締役および同社元取締役相談役(前会長)の株主2名が自身らを含む候補者11名を一括して選任することを求めるもので(同社2月17日付発表)、取締役会としては3月5日、本提案への反対を決議したと発表。反対理由を述べるなかで同社は、いわゆる地面師事件に触れながら「本株主提案の提案理由には、多数の事実誤認や事実と異なる内容が含まれること」「本株主提案は提案株主の正当な理由によるものではないと推察されること」を指摘した。なお、同社4月11日付発表によれば、議決権行使助言会社ISSは会社提案の取締役選任議案につき代表取締役会長・代表取締役副会長の2名に関して反対推奨、本株主提案のうち社外取締役候補中の2名に関して賛成推奨していた。

 積水ハウスは4月15日、4月23日に開催予定の同社定時総会の開催場所である「ウェスティンホテル大阪 ローズルーム」について、ホテル側から会場としての提供が困難であると通知があったとし、ホテルと同じ新梅田シティ敷地内にある大阪市北区「梅田スカイビルタワーウエスト35階」へと開催場所を変更するとともに、開始時刻を30分繰り下げ、午前10時30分とすることを発表した(同様の例として、SH3115 4月総会に複数の会場変更事案、緊急事態宣言等を受けて当初予定会場が使用不能に――代替会場に本社会議室、開催日は変えずに時刻繰下げの例など (2020/04/23)参照)。

続きはこちらから

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索