◆SH3109◆『自動運転と社会変革 法と保険』の概要―刑事責任― 栁川鋭士(2020/04/20)

『自動運転と社会変革 法と保険』の概要

―刑事責任―

明治大学法学部准教授・弁護士

栁 川 鋭 士

 

1 はじめに

 2019年5月に道路交通法及び道路運送車両法の改正、2020年3月31日に保安基準の一部改正及び道路運送車両法施行規則の一部改正等が公布され、各諸法令等が4月1日に施行された。2020年4月以降の一定の限定領域(走行環境条件)における自動運転車(いわゆるレベル3の自動運転車)の公道における実用化に向けて着々と準備が進んでいる。自動運転車の実用化に向けては、技術的側面と法的側面との双方からの検討が重要となる。明治大学は自動運転・法的インフラ研究会を母体とする明治大学自動運転社会総合研究所(MIAD)を2018年4月に設立し、経済産業省・国土交通省委託事業として自動運転車に係る模擬裁判等を実施しこれまで自動運転車にかかわる法的問題について検討してきたことから、道路交通法及び道路運送車両法の改正に合わせて2019年7月に明治大学自動運転社会総合研究所監修 中山幸二ほか編『自動運転と社会変革 法と保険』(商事法務、2019)を刊行した。本書の構成は、第I部民事責任、第II部保険関係、第III部刑事責任、第IV部自動運転車を巡る国際的動向、第V部自動運転社会とAI、その将来、以上の5部構成となっている。詳細は本書に譲ることとし、以下では、自動運転車の実用化に向けたこれまでの動向を補足しつつ、本書の概要に則して、自動運転車に係る刑事責任、民事責任、保険関係、国際的動向について概略する。

 

2 自動運転レベルの定義

 ここで、自動運転に係わる共通の前提知識として把握しておく必要があるポイントとして、自動化(自動運転)レベルに関する捉え方が挙げられる。自動化レベルの定義については、現状、SAE InternationalのJ3016(2016年9月)に基づき議論されている。自動化レベルの定義の概要は以下のとおりである。

 

表:自動運転レベルの定義の概要[3]



名称 定義概要 安全運転に係る監視、対応主体
運転者が一部又は全ての動的運転タスクを実行
0 運転自動化なし 運転者が全ての動的運転タスクを実行 運転者
1 運転支援 システムが縦方向又は横方向のいずれかの車両運動制御のサブタスクを限定領域において実行 運転者
2 部分運転自動化 システムが縦方向及び横方向両方の車両運転制御のサブタスクを限定領域において実行 運転者
自動運転システムが(作動時は)全ての運転タスクを実行
3 条件付運転自動化 システムが全ての動的運転タスクを限定領域において実行 作動継続が困難な場合は、システムの介入要求等に適切に応答 システム(作動継続が困難な場合は運転者)
4 高度運転自動化 システムが全ての動的運転タスク及び作動継続が困難な場合への応答を限定領域において実行 システム
5 完全運転自動化 システムが全ての動的運転タスク及び作動継続が困難な場合への応答を無制限に(すなわち、限定領域内ではない)実行 システム

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

 

(やながわ・えいじ)

明治大学法学部専任准教授・弁護士。明治大学自動運転社会総合研究所研究員。1997年同大学法学部卒業、2008年東京理科大学工学部第二部電気工学科卒業、2012年ジョージタウン大学ローセンター卒業(LL.M.)。2001年弁護士登録(第一東京弁護士会)。2017年度経済産業省・国道交通省委託事業「高度な自動走行の社会実装に向けた研究開発・実証事業(自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究)」模擬裁判WG委員。

 


 

 

 

 

自動運転と社会変革――法と保険

明治大学自動運転社会総合研究所 監修 中山 幸二=中林 真理子=栁川 鋭士=柴山 将一 編

定価:3,300円 (本体3,000円+税)

ISBN:978-4-7857-2728-4


 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所