◆SH3079◆事業再生の専門家に聞く(前編) 上田裕康/伊藤眞(聞き手:西田章)(2020/03/30)

「事業再生の専門家に聞く(前編)」

 主演:上田裕康(弁護士・アンダーソン・毛利・友常法律事務所)

 共演:伊藤眞(東京大学名誉教授)

 

 企業法務において求められる弁護士業務は、景気に大きな影響を受けて変容していきます。政府・与党がアベノミクス効果による経済成長を謳って来た間、リーガルマーケットでも、M&Aロイヤーやファイナンス・ロイヤーが活躍してきましたが、2020(令和2)年3月26日に内閣府が発表した月例経済報告では、『景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、足下で大幅に下押しされており、厳しい状況にある。』との下方修正がなされて、今後も厳しい状況が続くと見込まれています。景気後退の場面も想定したときに企業が頼りにするようになる弁護士は、事業再生の専門家です。

 今回、「事業再生の専門家に聞く」と題するインタビュー企画において、主演をお願いした実務家は、2008年に起きた「リーマン・ショック」という世界的な金融危機において、リーマン・ブラザーズの日本法人の民事再生手続の代理人を務められた上田裕康弁護士です(上田弁護士の略歴につきましては、所属するアンダーソン・毛利・友常法律事務所のHPをご参照ください)。また、研究者の立場から、インタビューを補完していただく共演として、上田弁護士と親交が深い、伊藤眞東京大学名誉教授にもご協力をお願いしました。

(なお、伊藤眞教授のご略歴については、商事法務ポータルにおける2018年4月公開のインタビューをご参照下さい。)

 本稿では、まずは、上田弁護士が事業再生の専門家としての地位を確立されるまでのご略歴をお伺いした上で、伊藤教授にも共演者としてご参加いただき、「プロが尊敬できる実務家像」について迫っていきたいと思います。

(なお、本インタビューは、2019年12月17日に琥珀宮(パレスホテル東京)にて開催されたものです(聞き手:西田章)。)

 

<上田裕康弁護士のご略歴>

  •  
     本日のインタビューは、4部構成で行わせていただきます。まずは、第1部として、上田先生に、どのようなキャリアを選択してきた結果として、事業再生の専門家としての地位を確立なされたのかをお伺いしたいと思います。その上で、伊藤先生にもご意見を伺いながら、「プロフェッショナルからも尊敬される、『実務家』としての仕事への向き合い方やキャリア選択とはどういうものか?」について考えてみたいと思います(以上、本稿)。

     そして、次に、プロフェッショナルからも尊敬される研究者としての在り方についても議論した上で、残された時間で、最近の話題のトピック(コーポレート・ガバナンス論、テクノロジーの進歩及びワークライフバランス)についてもご意見をお伺いしたいと思います。

     まずは、上田先生の学生時代に遡ってお話をお伺いさせてください。上田先生は東京大学法学部のご出身ですが、学生時代から法律家を志望されていたのでしょうか。
  •  
     私は、奈良市の東大寺学園という高校の出身です。私が在学していた当時は、進学校という感じではありませんでした。ただ、子供時代からお世話になっていた、ホームドクターの先生に憧れて、「医者の仕事はいいなぁ」という思いを漠然と抱いていました。高校の授業では理数系の科目も選択していました。
  •  
     なぜ、法学部に進学されたのでしょうか。
  •  
     こんなことを言うと「マザコン」と笑われてしまうのですが、母親は、私に役人になって欲しかったようです。「東大に行け」「そして、大蔵省に入れ」とも言われていました(笑)。立身出世ということではなく、社会のためになる仕事ということからそのようなことを言っていたと思います。私も子供心に社会に役に立つ仕事をしたいという気持ちを持つようになり、その言葉を素直に聞き入れて、大学受験では、旧一期校では東京大学の法学部に願書を出して、医学部については、旧二期校の東京医科歯科大学での出願でした。
  •  
     医学部志望から、法学部に変えることに抵抗はありませんでしたか。
  •  
     憧れていたホームドクターに「ぼくは社会の医者になる」と伝えて、2つの進路の折り合いを付けました(笑)。
  •  
     お母様が勧められたとおり、東大法学部に進学して、その願いを実現されたものの、その後は、公務員試験ではなく、司法試験に挑戦されたのですね。
  •  
     司法試験と並行して国家公務員試験も受験しました。司法試験には簡単には受からないだろうと予想していたので、大学4年次には、国家公務員試験の就職活動として官庁まわりにも行きました。
  •  
     なぜ役人の道を選ばなかったのですか。
  •  
     当時、役所には、「成績が超優秀な学生が就職する」というイメージがあり、自分の成績では難しいなと思ったのと、自分の性格からして、「上司に言われたことにそのまま従う」ような仕事は向いていないと思いました(笑)。
  •  
     法曹の進路としては、裁判官を考えることはなかったのですか。
  •  
     現役で司法試験に合格すると、裁判所からも誘っていただけるのですが、やはり、「役所勤めは自分には向かないだろうな」と思いましたし、「裁判官室で大人しく起案する」という職場の雰囲気は自分に合わないなと裁判所の実務修習を通じて感じました。
  •  
     検察官の仕事に対しても惹かれることはなかったのでしょうか。
  •  
     社会正義の実現ということでは魅力的な仕事だと思いましたが、刑事事件ばかりを扱うということには抵抗がありました。検察教官からは「法務省民事局への出向もある」と言ってもらえましたが、やはり、自分は自由人としての仕事のほうが向いていると思いましたね。
  •  
     弁護士志望に迷いはないとしても、法律事務所の就職先はどのようにして決められたのですか。
  •  
     私は、名古屋修習でしたが、当時、名古屋弁護士会(現在の愛知県弁護士会)に野球部があり、修習生も試合に参加していました。そして、大阪弁護士会との試合で、相手方チームの監督をしていたのが、宮﨑乾朗弁護士でした。世間話で「大阪で弁護士をしようと思っています」と口にしたら、宮﨑弁護士から「だったら、うちに来い」と言われて、「ほいじゃ、行きます」と言って就職が決まりました。
  •  
     随分とあっけなく就活が終わったのですね。今の修習生のように就職情報を収集して分析する、ということはなかったのですか。
  •  
     何も情報収集をせずに決めましたね。決めた後になってから、「宮﨑先生は短気で怖い先生だ」とか「宮﨑先生の事務所はタコ部屋だ」とか「不夜城だ」などと仕事がハードだという噂を耳にしました(笑)。お声がけをいただいたら、「はい、受けます!」と即答して、あとから苦労する、という、私の人生の原点がここにあるのかもしれませんね(笑)。
  •  
     入所後の仕事は、噂通りにハードだったのでしょうか。
  •  
     事務所が北新地の入口にあったのですが、毎晩日付が変わる頃まで仕事をして、それから、飲みに行く、という充実した生活でしたね(笑)。
  •  
     宮﨑先生についての「短気で怖い先生」という評判はどうでしたか。
  •  
     イソ弁にとっては、怖い先生でしたね。先生が証人尋問をした際に、想定していた答えから証人の回答が外れてくると、準備を担当した私が睨まれたことが思い出されます(笑)。今振り返れば、貴重な経験で、証人尋問のテクニックにも優れた弁護士で、学ぶところが多い先生でした。人生で起きることには無駄なことはないなと思っています。
  •  
     宮﨑先生は、民事介入暴力の専門家として著名ですね。
  •  
     暴力団関係者とか整理屋が相手方でも平気で交渉しており、その姿が依頼者からの信頼を集めていました。
  •  
     その後、3年経ってから上田先生は大江橋法律事務所に移籍なされていますが、これにはどのようなご縁があったのでしょうか。
  •  
     石川正弁護士や宮﨑誠弁護士と、勉強会を通じて知り合いました、まだ「石川・塚本・宮﨑法律事務所」という名前の事務所だった頃のことですが、個性のある優秀な先生方であり、何故か、非常に気が合って、事務所に来ないかとお誘いをいただきました。
  •  
     石川先生は、東京大学法学部の助手(行政法専攻)のご経歴をお持ちですね。
  •  
     はい。石川正弁護士が渉外関係の仕事をされていて、宮﨑誠弁護士が倒産関係の仕事をされていました。石川正弁護士は東大の助手時代から伊藤眞先生と親しくされており、伊藤先生とお知り合いになれたのも、大江橋法律事務所に移籍したおかげですので、そのご縁には感謝しています。
  •  
     5年後に留学に行かれていますが、もともとクロスボーダー案件に取り組みたいという目標があったのでしょうか。
  •  
     当時、唯一のアソシエイトだった国谷史朗弁護士が留学して戻ってきたので、次に私が行く、ということになりました。私は、あまり英語が得意ではなく、また、渉外事件についての具体的なイメージがなかったのですが、留学経験をすることには意味があると思って留学をさせていただきました。確かに、全く違った環境で、色々な国から来た人と付き合うということは良い経験でした。
  •  
     留学先に英国を選ばれたのに何か理由はあるのでしょうか。
  •  
     感覚的なものですね。特にアメリカに行きたいわけでもなかったので、歴史と伝統がある英国を選びました。
  •  
     仕事上のニーズからではないのですか。
  •  
     石川弁護士が競争法を扱っていましたので、留学に行くに際して、漠然と「競争法を勉強してみたい」とは考えていました。ただ、当時、それほど独禁法の事件が多かったわけではありませんので、留学が仕事に結び付いていたわけではないですね。帰ってからも、ほとんどが国内事件でしたし、事業再生関係の仕事を中心として行うようになると、ますます、英語の関係の仕事からは離れていきました。
  •  
     倒産/事業再生の事件に本格的に関わっていくのは、留学から帰国された後になるでしょうか。
  •  
     そうですね。留学前にも、破産事件や和議事件には関与していましたが、村本建設(1993年に会社更生手続の開始申立て)の更生管財人代理に選任されたことがターニングポイントになりました。
  •  
     当時、ゼネコンが会社更生を利用した先例もなく、ご苦労も大きかったのではないですか。
  •  
     苦労はありましたが、あたらしい道を切り拓いていく、というところに、事業再生のやりがいを強く感じました。現場に入り込んで、社員の方々と一緒になって会社を建て直していく。これは社会のために役立つ仕事である、と実感しました。
  •  
     「理論が実務を変える場面」伊藤眞ほか編『これからの民事実務と理論――実務に活きる理論と理論を創る実務』(民事法研究会、2019年)244頁以下には、村本建設の更生計画の策定には、理論的にも難しい問題があったとお書きになっていますね。
  •  
     更生担保権の扱いには非常に苦労しました。不動産が値下がりしつつある状況だったので、更生担保権として一定の金額を決めてしまうと、その後に担保目的物を処分しても、その金額を支払いきれないリスクが高かったのです。村本建設は膨大な数の不動産を保有していましたので、評価額を固定してしまうと後々の処分ができなくなることが予想されました。
  •  
     そこで、「処分価格連動方式」を考え出したのですね。
  •  
     はい、担保権については、一旦、財産評定で金額を確定させても、実際に担保物件が評定額よりも安い金額でしか売れなかったら、担保物の評価額と売却代金との差額分を更生債権にする、という計画を作って認可していただきました。
  •  
     前例がない扱いを行うことに異論はなかったのですか。
  •  
     管財人団で議論して、これしか更生計画を作る方法がないと判断して大阪地裁に相談したところ、大阪地裁は納得して受け入れてくれました。この方式については「違法だ」と批判する意見もあったと聞きましたが、その後、東京地裁の会社更生事件も含めて処分価格連動方式は実務で定着しました。
  •  
     その後、大型の事業再生に関与する仕事が続いたのですね。
  •  
     はい、大阪地裁では、1998年のコピーの三田工業の会社更生事件の管財人代理や、プリント基盤の設計・製造の富士機工電子の会社更生事件で更生管財人に選任していただきました。東京地裁では、2001年のマイカルの会社更生事件で管財人の瀬戸英雄先生の下管財人団の一員として働かせていただきました。
  •  
     事業再生でもっとも大きな案件は、2008年9月リーマンブラザーズの民事再生事件の申立代理人業務になるかと思いますが、これは、どういう経緯で受任されることになったのでしょうか。
  •  
     リーマンブラザーズの日本法人からは、サブプライム問題が顕在化する以前から訴訟事件の代理人をお受けしていました。2008年9月に、突如、米国でチャプター11の申立てという事態に発展したので、全世界で弁護士をリテインすることとなり、日本では、もともと訴訟代理人業務を受任していた私と私が当時所属していた大江橋法律事務所が事業再生にも強いということから受任に至ったものです。
  •  
     リーマンブラザーズほどの巨大事件の申立代理人業務となると、相当な量の仕事がありそうですね。
  •  
     そうですね。当時は、他の事件を受ける余裕はありませんでした。世界に衝撃を与えた事件で、ヨーロッパやアメリカとの交渉、海外に預けてある顧客資産の取り戻しとか、デリバティブの処理の問題とか、国境をまたいで多種多様な問題が存在していましたので、この案件は、クロスボーダーの事業再生案件に取り組む転機ともなり、大変に勉強になりました。また、留学から帰国後、それまでは、マルドメ(まるまるドメスティック、国内事件のことです。)の事件ばかりをしていましたので、久しぶりに英語の事件に関与することになりました。
  •  
     リーマンブラザーズの民事再生事件が落ち着くまでには何年もの年月を要したものと思いますが、その後、上田先生は、2017年に、アンダーソン・毛利・友常に移籍されました。これは、どのような思いからだったのでしょうか。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
長島・大野・常松法律事務所