◆SH3071◆インドネシア:2020年重要法令の展望――オムニバス法は機能するか(1) 前川陽一(2020/03/24)

インドネシア:2020年重要法令の展望―オムニバス法は機能するか(1)

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 前 川 陽 一

 

1. 第2期ジョコウィ政権の発足

 2019年4月に行われたインドネシアの大統領選挙は、大方の予想通り、現職のジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)氏が対抗馬のプラボウォ・スビアント氏に10ポイントほどの差をつけ、2期目の当選を果たした。インドネシアの現行憲法では、大統領の任期は1期5年で、三選は許容されていない。したがって、ジョコウィ大統領の任期は2024年までとなる。

 ジャカルタ州知事を任期途中で辞任して、2014年の大統領選挙に勝利したジョコウィ氏は、ジャカルタ州知事とそれに先立つソロ市長時代に発揮したリーダーシップに加え、これまでインドネシア政治を支配していた名門政治家一族や軍閥を支持基盤としない、庶民派でクリーンなイメージを背景に国民の広い層にわたって支持を得ていた。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(まえかわ・よういち)

1998年東京大学法学部卒業。2006年東京大学法科大学院修了。2007年弁護士登録(第一東京弁護士会)。2013年Northwestern University School of Law卒業(LL.M.)。2013年~2016年長島・大野・常松法律事務所ジャカルタ・デスク(Soemadipradja & Taher内)勤務。2019年10月~長島・大野・常松法律事務所シンガポール・オフィス勤務。

現在はシンガポールを拠点とし、インドネシア及び周辺国における日本企業による事業進出および資本投資その他の企業活動に関する法務サポートを行っている。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。