◆SH2980◆監査役協会、「企業集団のガバナンスにおける親会社監査役の役割と責任について」報告書を公表 浜崎祐紀(2020/01/24)

監査役協会、「企業集団のガバナンスにおける親会社監査役の役割と
責任について」報告書を公表

岩田合同法律事務所

弁護士 浜 崎 祐 紀

 

 日本監査役協会(以下「本協会」)の関西支部監査役スタッフ研究会(以下「本研究会」)は、本年1月14日、「企業集団のガバナンスにおける親会社監査役の役割と責任について-子会社の不祥事防止に向けて-」(以下「本報告書」)を公表した。

 

1 本報告書の概要

 本報告書は、大要、①親会社による企業集団の監査の現状、②子会社で発生した最近の不祥事事例の紹介、及び③これらを踏まえた本研究会の意見によって構成される。以下では、紙面の都合上、上記①のうち監査体制の現状と親会社監査役と子会社監査役の連携に触れた上で、上記③について言及する。

⑴ 監査体制の現状

 ① 親会社の監査体制

 社内常勤監査役・監査(等)委員
全体 0名 1名 2名 3名以上
894社 6.2% 68.5% 24.9% 0.4%

 

 社外常勤監査役・監査(等)委員
全体 0名 1名 2名 3名
526社 42.2% 50.0% 5.9% 1.9%

 

 社内非常勤監査役・監査(等)委員
全体 0名 1名 2名 3名
378社 70.1% 24.1% 4.2% 1.6%

続きはこちらから

トピックスのバックナンバーはこちらから

 

(はまさき・ゆうき)

岩田合同法律事務所アソシエイト。2004年東京大学経済学部卒業。2010年早稲田大学大学院法務研究科修了。2013年弁護士登録及び公認会計士登録。2003年から2006年まで監査法人トーマツに勤務。2012年から2013年まで原口総合法律事務所に勤務。2013年から2015年までPwC税理士法人に勤務。一般企業法務、会計監査業務、税務コンサルティング業務等に従事。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>
1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>
〒100-6310 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング10階 電話 03-3214-6205(代表)




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索