◆SH2935◆弁護士の就職と転職Q&A Q100「裁判官の転職活動は何が難しいのか?」 西田 章(2019/12/16)

弁護士の就職と転職Q&A

Q100「裁判官の転職活動は何が難しいのか?」

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 裁判官のキャリア選択は、「司法試験終了後の就活において、まず、修習前に法律事務所から内定を得る」「その後、司法修習中に、裁判所に誘われて任官を決意して、内定先の法律事務所に入所を断りに行く」という経緯を辿っていることが通例です。実務修習の配属先の裁判所において、優秀で人間的にも魅力的な裁判官と接することで、「代理人ではなく、最終判断をする側になってみたい」という興味を膨らませた修習生にとって、「裁判官になるチャンスは(原則として)今だけ」という言葉が、「内定先事務所に不義理をする」という辛い意思決定の背中を押してくれます。

 ただ、数年経つと、その中には、「民事を希望したが、刑事畑を進まされる」とか「家庭の事情でこれ以上の地方転勤には耐えられない」といった事情を抱える裁判官が現れて来て、今度は「これ以上に年次が上がってしまったら、アソシエイトとして雇ってもらうことができなくなるのではないか?今がもうギリギリのタイミングではないか?」といった不安を抱えるようになります。

 

1 問題の所在

 裁判官出身弁護士(登録希望者)の転職市場には、「出玉が少ない」という特殊性があります。理論的には、「流通量が少なければ、稀少価値があるのではないか?」とも言えそうですが、現実には、流通量が少な過ぎるが故に、「どの法律事務所も企業も採用活動においてそのような類型の候補者を当てにしていない」という状況にあります。つまり、「裁判官からの転職希望者ならば、こういう人ならば採用したい」という整理をした経験がないことが通常であり(考えたところで、そういう人材を積極的に獲りに行けるわけではないので)、「もしも、そういう応募者が来れば、その段階で初めて考える」という「待ち」の姿勢ばかりです。

 このことは決して、「裁判官出身者は弁護士として使えない」という経験則が成り立っていることを意味しません。裁判官からの転身組で、弁護士として活躍している事例は確実に増えて来ています(かつては「弁護士と検察官は共に『料理を作る側』であり、裁判官は『どちらの料理が美味しいかを食べて判定する側』であるため、いくら美味しい料理を食べても、美味しい料理を作れるようになるわけではない」と揶揄されることもありましたが、そういう偏見を抱く先は減って来ています)。そのため、裁判官出身者を採用した成功体験がある事務所はその有用性を認識しているはずです。しかし、「裁判官出身者はひとりいれば十分。複数も要らない。」と感じる先も多く、先に弁護士登録をした友人・知人を頼っての縁故採用もそれほど進んでいない、という状況にあります。

 

2 対応指針

 法律事務所・企業側は、「裁判官応募者への対応」に慣れているわけではないので(どうやって断ればよいかわからない(書類で落とすのと面接に呼んでから落とすのはどちらが失礼に当たるかわからない)、面接に要する交通費を支払ってよいのかどうかわからない、といった事情を含めて)、公募案件との相性はよくありません。

 何らかの縁故を探る場合には、司法修習生時代に不義理をしてしまった辞退先の事務所についても、これを相談先から排除することなく、むしろ、早期に相談に行く価値があると思われます(その事務所での採用につながらなくとも、そこから芋づる式に紹介を受けられることもあります)。

 採用選考においては、留学、専門部(知財、商事、労働等)、中央省庁出向経験者のほうが有利ですので、経歴上は、特筆した「売り」が見当たらない方については、自身がどのような案件に関与してきたかについて(守秘義務に反しない範囲では)自ら積極的に開示して採用側の理解を得ることが求められます。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)