◆SH2927◆ピジョン、内部統制システム基本方針の改訂を発表――組織改正と併せてリスクマネジメント関係を刷新、子会社管理も明確化 (2019/12/11)

ピジョン、内部統制システム基本方針の改訂を発表

――組織改正と併せてリスクマネジメント関係を刷新、子会社管理も明確化――

 

 育児用品大手のピジョン(本社・東京都中央区、東証市場第一部上場)は12月2日、同日開催の取締役会で内部統制システム基本方針の一部改訂を決議したとし、これを発表した。

 同社では、併せて同日に発表した12月16日付の人事異動および今年1月16日付の人事異動とともに組織改正を行っており、1月16日付の組織改正では(ア)本社機能についてグループ全体を統括するグローバルヘッドオフィス(GHO)と位置付け、機能の集約・強化を図るとともに、(イ)事業部門を地域別に日本事業・中国事業・シンガポール事業・ランシノ事業の4つに分割して役割と責任を明確化、GHOと連携しつつ永続的な成長の実現を図るものとし、また(ウ)これらの改正に伴い、GHOおよび日本国内の各事業を統括する責任者として、GHO責任者・日本事業統括責任者等を新設した。12月16日付ではさらに(エ)日本事業について、人事総務本部の名称を管理本部とする、(オ)管理本部内に日本事業を横断してのデータ収集・事業分析・各種会議運営ならびにグループ全体を統括するGHOとの連携強化を目的とする日本事業管理Gを新設するなどの改正を行う。

 内部統制システム基本方針の今般の改訂は、これらの改正に対応しながらより一層の明確化を図りつつ近時の社会情勢をも見据えるものと捉えられ、基本方針中、主要な改正が「1.当社の取締役および従業員ならびに子会社の取締役等および従業員の職務執行が、法令・定款に適合することを確保するための体制」「2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制」「3.当社および子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制」「5.当社および子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制」に及ぶものとなった。

続きはこちらから

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索