◆SH2923◆企業活力を生む経営管理システム―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―(第82回) 齋藤憲道(2019/12/09)

企業活力を生む経営管理システム

―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―

同志社大学法学部
企業法務教育スーパーバイザー

齋 藤 憲 道

 

1. 要件1 高い生産性を実現する「経営管理システム」を作る

(2) 企業規範を守るプロセスを業務の中に組み込む

 業務を標準化・定型化し、それを基準・規格等にして文書化又はコンピュータ・システム化すると、一般的に管理品質が安定し、その分、業務の生産性が向上する。

 基準・規格の制定は次の点に留意して行い、業務の生産性を高くしたい。

① 作業を定型化・自動化する。

 1) 作業を定型化する

 作業内容を複数の要素に分解し、同じ作業を、同じ手順で行うように構成して、それを定型化する。これによって業務の効率化と、業務品質の向上が実現する。

  1.   複数の従業員がそれぞれバラバラの方法で作業し、又は、同一の作業者が案件(製品・役務等)毎に異なる方法で作業すると、通常、その製品・役務等のコストが高くなり、品質も安定性を欠く。 

 2) 作業を自動化する

  1.  ⅰ) コンピュータ・システム等によって作業が自動化されると、人の恣意的操作や作業ミスが入り込む余地が無くなり、作業品質が安定する。
     企業規範の遵守は、できるだけ、自動化された機械装置・検査装置やコンピュータ・システムの中で確保するのが望ましい。
  2.  (注) 管理を自動化することの可否は、次の2点を考慮して、総合的に判断する。
    1. 1  コンピュータ・システムを常に適正に維持できるようにする。
       ソフトウェアにバグがないことを最大限確認するとともに、万一異常が発生した場合に備えて、手動への切り替えや特定のシステムの閉鎖等の備えをする。
    2. 2  電子データの漏洩・不正操作を防ぐために情報セキュリティ管理が必要になり、その手間とコスト負担が増加する。不正には、内部者によるもの(愉快犯を含む)と外部者によるものがあり、双方を防ぐ必要がある。
  3. ⅱ) バーコード・QRコード・ICタグ等を用いて作業状況を記録する。
     作業者、作業対象(商品・機械装置・検査装置・金型・金銭等)、作業場所(工場・製造ライン・調理場・取引先・等)、作業内容(加工・組立・調理・授受・廃棄・引渡し・金銭授受等)

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(さいとう・のりみち)

1971年東京大学法学部卒業。同年松下電器産業㈱に入社し、営業、経理、経営企画、法務の業務を担当。松下電子部品㈱経営企画室長、松下電器産業㈱法務本部法務部長、JVC・ケンウッド・ホールディングス㈱監査役等を経て、2009年パナソニック㈱を退職。損害保険ジャパン日本興亜㈱ 業務品質・コンプライアンス委員会委員長を歴任。

また、内閣府消費者委員会委員(2015年秋退任)、消費者安全調査委員会臨時委員(現)、製品事故判定第三者委員会合同会議議長(現。消費者庁と経済産業省合同)、国民生活センター紛争解決委員会委員(現)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、神戸市公正職務審査会委員(現)




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索