◆SH0283◆香港・シンガポール:国際仲裁にまつわる弁護士費用負担の考え方 青木 大(2015/04/13)

香港・シンガポール:国際仲裁にまつわる弁護士費用負担の考え方

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 青 木   大

1.English RuleとAmerican Rule

 コモンロー圏の多くの国においては、勝訴者が要した弁護士費用を敗訴者が負担するという考え方( “Costs Follow the Event”)が一般的である。

 他方で、日本の裁判においては、原則として弁護士費用は双方が自己負担分をそれぞれ負担することとなり、勝訴者の弁護士費用を敗訴者が負担することが認められることは(一定の不法行為事案を除き)通常ない。米国も伝統的な考え方は日本と同様であり、①敗訴者が原則として勝訴者の弁護士費用を負担するという考え方を「English Rule」、②勝敗にかかわらず弁護士費用は双方がそれぞれ負担する考え方を「American Rule」と呼ぶ場合がある。

 国際仲裁においては「English Rule」が一般的である。UNCITRAL、ICC、SIAC、HKIAC等の主要な仲裁機関の仲裁規則は、勝訴者側の一定の弁護士費用を敗訴者に負担させることを仲裁人が命じることを可能とする規定を置いており、これは日本の仲裁機関JCAA、米国の仲裁機関ICDRの仲裁規則も同様である(ただし、投資仲裁の世界においては、従来はそれが当てはまらない状況があった。例えばICSIDにおいては過去、約半数の投資仲裁判断において「American Rule」が採用されていた。ところが、近時「English Rule」を採用する投資仲裁判断例が増えており、ICSIDの担当者によれば、2014年においては約80%のケースにおいて「English Rule」に基づくコスト配分が命じられたということである。)。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(あおき・ひろき)

6年間の官庁勤務を経て、2007年長島・大野・常松法律事務所入所。入所後は国際的な紛争解決(国内外における訴訟・仲裁等)を中心的なプラクティスとしながら、不祥事案件、雇用問題、消費者対応、その他一般企業法務に広く携わる。2013年8月から2014年7月までシンガポールのOon & Bazul法律事務所に出向し、国際仲裁案件等に従事。

2000年東京大学法学部、2004年ミシガン大学ロースクール(LL.M.)卒業。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、弁護士約400名が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野に対応できるワンストップファームとして、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

東京オフィスにおいてアジア法務を取り扱う「中国プラクティスグループ(CPG)」及び「アジアプラクティスグループ(APG)」、並びにアジアプラクティスの現地拠点であるシンガポール・オフィス、バンコク・オフィス、ホーチミン・オフィス、ハノイ・オフィス、上海オフィス、ジャカルタ・デスク及びアジアの他の主要な都市に駐在する当事務所の日本人弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携・人的交流を含めた長年の協力関係も活かして、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を効率的に支援する体制を整えております。

詳しくは、こちらをご覧ください。