◆TL◆商事法務メルマガno.1599(2019.11.19)

◎《商事法務ポータル会員向けコンテンツ》はこちらです。

https://www.shojihomu-portal.jp/member_page

 

商 事 法 務 メ ー ル マ ガ ジ ン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《商事法務ポータル-タイムライン》

◆インドネシア:インドネシア語の使用に関する大統領令の制定 前川陽一(2019/11/19)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=10300974

◇下請等中小企業の取引条件改善に関するワーキンググループが第11回会合を開催 ――型取引の適正化等の進捗状況について(2019/11/19)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=10357257

◆弁護士の就職と転職Q&A Q97「外資系事務所のジュニアアソが次に選ぶのは、大手か? 中小か?」 西田 章(2019/11/18)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=10341946

◇企業活力を生む経営管理システム―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―(第76回) 齋藤憲道(2019/11/18)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=10335141

 

《官庁等情報》

■経産省、国際競争力強化に向けた日本企業の法務機能の在り方研究会報告書を取りまとめました―令和時代に必要な法務機能・法務人材とは―(19日)

https://www.meti.go.jp/press/2019/11/20191119002/20191119002.html

 ○国際競争力強化に向けた日本企業の法務機能の在り方研究会 報告書

 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/homu_kino/pdf/20191119_report.pdf

 ○報告書概要

 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/homu_kino/pdf/20191119_report_gaiyo.pdf

 ○経営者が法務機能を使いこなすための7つの行動指針

 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/homu_kino/pdf/20191119_report_kanren.pdf

 ○参考資料1 経営法務人材スキルマップ

 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/homu_kino/pdf/20191119_report_s01.pdf

 ○参考資料2 経営法務人材キャリアコンパス

 https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/homu_kino/pdf/20191119_report_s02.pdf

□経産省、バイオマス持続可能性ワーキンググループ 中間整理(18日)

https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/shoene_shinene/shin_energy/biomass_sus_wg/20191118_report.html

■厚労省、第154回労働政策審議会労働条件分科会(9月26日開催)議事録(18日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07917.html

□厚労省、第125回労働政策審議会安全衛生分科会 資料(19日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07904.html

■内閣府、ESRI Discussion Paper No.352「マネジメントのあり方と長時間労働・賃金格差」(18日)

http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis352/e_dis352.html

□日本経済再生本部、未来投資会議構造改革徹底推進会合 「第4次産業革命」会合(PPP/PFI)第8回(18日)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/index.html#ppp

■日本経済再生本部、ODR活性化検討会 第3回(15日)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/odrkasseika/

 ○資料5-1 ADR法制の改善に関する提言(一般財団法人 日本ADR協会)(15日)

 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/odrkasseika/dai3/siryou5-1.pdf

 ○資料5-2 上記提言の概要(15日)

 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/odrkasseika/dai3/siryou5-2.pdf

□金融庁、金融安定理事会による「破綻処理改革の実施に関する第8次報告書」の公表について(19日)

https://www.fsa.go.jp/inter/fsf/20191119/20191119.html

■金融庁、バーゼル銀行監督委員会による市中協議文書 「マーケット・リスクに係る開示要件の見直し」の公表について(18日)

https://www.fsa.go.jp/inter/bis/20191118-2/20191118-2.html

□金融庁、バーゼル銀行監督委員会による市中協議文書 「ソブリン・エクスポージャーに係る任意開示」の公表について(18日)

https://www.fsa.go.jp/inter/bis/20191118-1/20191118-1.html

■文化庁、文化審議会国語分科会(第72回・8日開催)議事次第(13日)

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/kokugo/kokugo_72/1422554.html

 ○資料5 「公用文作成の要領」の見直しに関する国語課題小委員会の検討状況(案)(13日)

 http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/kokugo/kokugo_72/pdf/r1422554_04.pdf

□証券取引監視委、株式会社シーズメンとの契約締結交渉者2名からそれぞれ伝達を受けた者2名による内部者取引及び当該契約締結交渉者2名による重要事実に係る伝達行為に対する課徴金納付命令の勧告(19日)

https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2019/2019/20191119-1.htm

■個人情報保護委、第126回 個人情報保護委員会(18日)

https://www.ppc.go.jp/aboutus/minutes/2019/20191118/

□会計士協会、「業種別委員会実務指針第14号「投資信託及び投資法人における監査上の取扱い」の改正について」及び「公開草案に対するコメントの概要及び対応」の公表(19日)

https://jicpa.or.jp/specialized_field/20191119jig.html

■企業会計基準委、IASB公開草案「会計方針の開示(IAS第1号及びPS第2号の修正案)」に対するコメント(19日)

https://www.asb.or.jp/jp/wp-content/uploads/20191119.pdf

□東弁、当会会員に対する濫用的懲戒請求についての会長声明(19日)

https://www.toben.or.jp/message/seimei/post-555.html

■東京株懇、提案書「今後の対話型株主総会について~ヴァーチャル総会の利用も視野に~」公表(18日)

https://www.kabukon.tokyo/activity/data/study/study_2019_03.pdf

□東京株懇、2019年度全株懇調査報告書公表(18日)

https://www.kabukon.tokyo/data/data/research/research_2019.pdf

■帝国データ、全国・後継者不在企業動向調査(2019年)(15日)

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p191104.html

□東京都、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会期間中の物流に係るご協力のお願い」を発出しました(18日)

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/11/18/01.html

■第三者委員会報告書格付け委、第22回格付け対象決定のお知らせ及び関西電力が設置した第三者委員会への申入れについて(19日)

http://www.rating-tpcr.net/wp-content/uploads/c4c56e5a3b00d5ff48fb710f4f7b9cd210.pdf

 

《企業等の動向》

□ユニゾホールディングス、ブラックストーンによる当社買収提案に係る協議継続のお知らせ(18日)

https://www.unizo-hd.co.jp/news/file/20191118.pdf

■焼津水産化学工業、再発防止策の策定及び関係者の処分に関するお知らせ(18日)

https://www.yskf.jp/images/1023.pdf

 ○組織変更および人事異動に関するお知らせ(18日)

 https://www.yskf.jp/images/1024.pdf

□ソフトバンク、ZホールディングスとLINEの経営統合に関する基本合意書の締結及び、LINE株式等に対する共同公開買付けに係る意向表明書提出のお知らせ(18日)

https://www.softbank.jp/corp/set/data/news/press/sbkk/2019/20191118_02/pdf/20191118_02.pdf

 ○Zホールディングス・LINE、 経営統合に関する基本合意書の締結について(18日)

 https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20191117428027/pdfFile.pdf

 

《裁判動向》

■最一小決(木澤克之裁判長)、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的所持被告事件(15日)

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=89039

□日本製鉄、(開示事項の経過)インド最高裁が日本製鉄の共同買収パートナーであるアルセロールミッタルのエッサールスチール再建計画を承認(18日)

https://www.nipponsteel.com/common/secure/news/20191118_100.pdf

 

《法案提出・審議状況》

■官邸、定例閣議案件(19日)

https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2019/kakugi-2019111901.html

 ○経産省、輸出貿易管理令の一部を改正する政令案が閣議決定されました(19日)

 https://www.meti.go.jp/press/2019/11/20191119001/20191119001.html

□官邸、持ち回り閣議案件(15日)

https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2019/kakugi-2019111501.html

 

《パブリック・コメント(意見募集開始)》

■観光庁、「特定複合観光施設区域整備法第二章の規定による特定複合観光施設区域に関する国土交通省令(仮称)の案」に関する意見募集について(19日)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=665201910&Mode=0

□中小企業庁、中小企業信用保険法施行規則の一部を改正する省令案に対する意見募集(18日)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=640119018&Mode=0

■警察庁、「古物営業法施行規則の一部を改正する規則案」に対する意見の募集について(18日)

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=120190020&Mode=0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今┃日┃の┃書┃棚┃★┃☆┃★┃(価格は税込み)

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

●債権法改正の施行を目前に控え、必要とされる各種契約書の見直し実務を解説

 『契約類型別 債権法改正に伴う契約書レビューの実務』

 滝 琢磨 著(448頁、本体4,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9810006

●民法(債権法)改正に対応した消費者事件処理必携の書

 『消費者相談マニュアル〔第4版〕』

 東京弁護士会消費者問題特別委員会 編(666頁、本体6,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9809913

●企業が実務で直面する法的問題とそれに対する法的趣旨を踏まえた回答を収録

 『会社法 実務問答集Ⅲ』

 大阪株式懇談会 編 前田 雅弘・北村 雅史 著(480頁、本体5,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9809966

●データ取引の契約実務を、書式を基にわかりやすく解説

 『データ取引の契約実務――書式と解説』

 福岡 真之介=松村 英寿 著(224頁、本体2,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9809936

●平成26年会社法改正を一線の研究者が解説したシリーズ最新刊

 『会社法コンメンタール補巻 平成26年改正』

 岩原 紳作  編(880頁、本体11,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9507804

●仮想通貨交換業をめぐる2019年の法改正に対応した、実務家必携の一冊

 『実務解説 資金決済法〔第4版〕』

 堀 天子 著(448頁、本体4,100円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9595850

●合併の実務、手続をわかりやすく解説した待望の改訂版

 『合併ハンドブック〔第4版〕』

 玉井 裕子 編集代表 滝川 佳代=大久保 圭 編集担当 岩崎 友彦=宰田 高志=杉野 由和=高井 伸太郎=服部 薫 著(576頁、本体5,600円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9480332

●経験豊富な弁護士が指南する、法令違反リスク回避のためのアプローチ!

 『起業の法務――新規ビジネス設計のケースメソッド』

 TMI総合法律事務所 編 大井 哲也=中山 茂=和藤 誠治=野呂 悠登 編集代表(512頁、本体4,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9480176

 

_/_/近刊

○ベストプラクティスの集積! 実務担当者の悩みどころに応える!

 『メーカー取引の法律実務Q&A』

 筬島 裕斗志=島田 邦雄=木村 和也 編著 冨岡 孝幸=吉野 彰=瀧本 文浩 著(528頁、本体5,400円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=10117456

○刑法総論分野における重要判例の内容・位置づけ・射程等をコンパクトに解説

 『刑法総論判例インデックス〔第2版〕』

 井田 良=城下 裕二 編(400頁、本体2,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=10315422

○事業再生に関する法制度・実務を体系的・網羅的に解説する決定版

 『事業再生大全』

 西村あさひ法律事務所 編(864頁、本体9,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9998505

○岡村弁護士とサイバーセキュリティをめぐる各分野の第一人者との対談

 『対談で読み解く サイバーセキュリティと法律』

 岡村 久道 編(320頁、本体3,400円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=10315404

○「ヘルスケア」×「AI・ビッグデータ・IoT」最前線の92問

 『ヘルステックの法務Q&A』

 森・濱田松本法律事務所ヘルスケアプラクティスグループ 編(304頁、本体3,400円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=10128713

○観光・インバウンドビジネス参入者のための法務ガイドブック

 『ガイダンス インバウンド・観光法』

 森・濱田松本法律事務所観光法プラクティスグループ 編 荒井 正児=佐伯 優仁=高宮 雄介=水口 あい子=根橋 弘之=山本 義人 編著(336頁、本体3,600円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=10128759

○民法(債権関係)改正・商品先物取引法改正等に対応した改訂版

 『新版 商品先物取引法』

 河内 隆史=尾崎 安央 著(342頁、本体4,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=10315638

○複雑な法規制をコンパクトに整理。金商法実務の「入口」に最適の1冊!

 『ポイント解説 実務担当者のための金融商品取引法』

 峯岸 健太郎 編著 今戸 智恵=柴田 久=今村 潤=尾西 祥平=緋田 薫=磯田 翔=小倉 徹 著(352頁、本体3,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9880269

○平成30年民法(債権関係)改正および平成27年以降の税制改正を踏まえた改訂版

 『与信管理論〔第3版〕』

 リスクモンスター株式会社 編(824頁、本体8,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9507833

○企業の中で多岐にわたって生じる課題を労働法の観点から検討、解説

 『企業法務と労働法』

 土田 道夫 編 「企業法務と労働法」研究会 著(496頁、本体4,600円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9998367

 

_/_/別冊商事法務

○No.444『有価証券報告書の記載事例の分析――企業内容等の開示に関する内閣府令の改正を受けて――』

 清水 誠 森田 多恵子 山田 慎吾 野澤 大和 編著(150頁、本体2,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=9926710

○No.443『機関投資家の議決権行使方針及び結果の分析〔2019年版〕』

 森・濱田松本法律事務所 編(696頁、本体7,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=8998269

○No.442『東証一部上場会社の役員報酬設計――2018年開示情報版――』

 澁谷 展由 編著(352頁、本体4,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=8541118

 

_/_/別冊NBL

○No.170『データ利活用のための政策と戦略――より良きデータ利活用社会のために』

 東京大学政策ビジョン研究センター 編(160頁、本体 3,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=8379464

○No.169『強調表示と打消し表示に関する景品表示法上の考え方――調査報告書の概説と関連分野からの考察・評価』

 大元 慎二(消費者庁表示対策課長) 編集代表 糸田 省吾=河原 純一郎=土橋 治子=村 千鶴子 編著(248頁、本体3,700円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=8379437

○No.168『実務担当者のための欧州データコンプライアンス――GDPRからeプライバシー規則まで』

 岡田 淳=田中 浩之=杉本 武重 編著 森・濱田松本法律事務所=Bird & Bird LLPデータプロテクションチーム 著(300頁、本体4,700円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=8379421

 

☆既刊一覧は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p008

☆既刊書籍・別冊商事法務・別冊NBLの検索・ご購入は下記へ↓

http://shojihomu.rr2.co.jp/products

☆近刊一覧は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p009

★全国の主要常備店はこちら↓

https://www.shojihomu.co.jp/jyoubiten

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役┃員┃報┃酬┃レ┃ポ┃ー┃ト┃サ┃ー┃ビ┃ス┃

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

『東証一部上場会社の役員報酬設計』(別冊商事法務421号、432号)との連動サービス。東証一部上場企業の有報、CG報告書を一覧表化して業績連動報酬比率、株式報酬の採用状況などを分析・検討した同書の元データを、著者の澁谷展由弁護士(第二東京弁護士会所属)が業種・企業規模などニーズに応じてカスタマイズしてご提供。ペイ・ガバナンス日本・阿部直彦(代表)監修。

 

レポートのサンプル「東証一部上場 製薬会社 役員報酬レポート」を掲載しました。

詳しくは下記ページから↓

https://www.shojihomu.co.jp/yakuinhoushu

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

債┃権┃管┃理┃実┃務┃研┃究┃会┃《会員募集中!》

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【東京月例会】―――――会場:アットビジネスセンター(中央区八丁堀)

■開催日時:2019年11月26日(火)午後2時~5時

英文売買基本契約書の基礎知識

講師:江藤真理子 氏(弁護士/TMI総合法律事務所)

■開催日時:2019年12月5日(木)午後2時~5時

<連続講座>民法改正に対応した債権管理・回収の実務(全2回)<第2回>

講師:菊池 秀 氏(弁護士/TMI総合法律事務所)

【大阪月例会】―――――会場:大江ビル(大阪市中央区)

■開催日時:2019年11月21日(木)午後1時30分~4時30分

<連続講座>民法改正に対応した債権管理・回収の実務(全2回)<第2回>

講師:大江祥雅 氏(弁護士/弁護士法人大江橋法律事務所)

★月例会ご案内の最新号・入会パンフレット・お問合せは下記HPより↓

https://www.shojihomu.co.jp/web/saikenkanri

※年会費:(東京)18万円・(大阪)12万円(税別)複数名参加可。

※随時、トライアル(試聴)参加受付中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セ┃ミ┃ナ┃ー┃★┃☆┃★┃《募集中!ビジネス・ロースクール》

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【東京開催】

※これまでの不祥事事例やグループガイドラインから視点を探りつつ、何をどこまで整備すべきかと、これまでに整備した規程類をどのように改訂すべきかを解説

 『グループガイドライン完全対応! 親会社によるグループ会社管理の実務~グループガイドライン(経産省実務指針)を踏まえて管理規程や経営管理契約をどのように整備・改訂するか~』

■日時:2019年11月28日(木)午後1時30分~4時30分(計3時間)

■講師:水野信次 弁護士(日比谷パーク法律事務所)

https://www.shojihomu.co.jp/seminar?seminarId=9683592

※報酬設計の基本概要を整理するとともに、各社の報酬制度の見直しにあたって必要な実務対応について解説

 『役員報酬制度の見直し・開示の基本と実務~株式報酬の最新動向を踏まえて~』

■日時:2019年12月2日(月)午後1時30分~4時30分(計3時間)

■講師:髙田 剛 弁護士(和田倉門法律事務所)

https://www.shojihomu.co.jp/seminar?seminarId=9740577

 

【大阪開催】

※SNS投稿関連・口コミサイト上の誹謗中傷書き込み問題や著作権関連の注意点を交え、危機対応やトラブルを未然に防ぐための社内体制の構築について解説

 『ネット活用におけるリスク管理とトラブル対応~企業広報の留意点,社内体制整備について事例から学ぶ~』

■日時:2019年11月22日(金)午後1時30分~4時30分(計3時間)

■講師:北岡弘章 弁護士(きたおか法律事務所)

https://www.shojihomu.co.jp/seminar?seminarId=9487384

 

★現在募集中のセミナー案内、PDFパンフレットは下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/schoollist

※お申込み・お問合せは下記へ↓

law-school@shojihomu.co.jp

(なお、状況により開催を見合わせることがございますことを、あらかじめご了承賜りますよう、お願いいたします。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

N┃B┃L┃最┃新┃号┃★┃☆┃★┃※主な記事のご案内

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<11月15日号>

●オープンイノベーション時代における戦略的法務 水島淳

○ユーティリティトークンの有価証券性 黒沼悦郎

●事業再生ADRと適時開示 小林信明/水越恭平

○債権法改正に関する経過措置の解説(3) 村松秀樹/笹井朋昭/脇村真治/松尾博憲/秋田純/周藤崇久

●国際売買における債務の同時履行システムの実証――デジタル技術による債務不履行リスクの除去と法的課題解決 新谷哲之介

○「業種横断的データ連携型業務提携」における独占禁止法の実務上の論点と課題 池田毅

●民法(親子法制)部会第3回会議 小川貴裕

○内部統制システムの欠陥と新時代のコンプライアンス 中村直人

●働き方改革関連法施行後の労働時間実務 細川智史

○電子決済等代行業制度における銀行とFintech事業者の連携 堀天子/湯川昌紀

●企業の一生プロジェクト 第5章 コーポレート・ガバナンス・システムの設計(5) 宍戸善一/大崎貞和/木下信行/中原裕彦/水町勇一郎/渡辺徹也

○東京大阪四会倒産法部シンポジウム 倒産手続における債権の優先順位[パネルディスカッション]第1部 債権の優先性に関する諸問題(下)藤本利一/永谷典雄/三枝知央/篠田憲明/上田慎

●「国際的な調停による和解合意に関する国際連合条約」(シンガポール調停条約)の紹介 山田文

○民法・不動産登記法部会第8回会議 脇村真治

●惜字炉 経営と法務の信頼関係

 

◎NBL最新号の目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p006

◎NBLバックナンバーの目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/nbl/nbl-backnumbers

※「NBL」(月2回発行) 年間購読料28,000円[半年14,500円](+税)

 雑誌購読者向け「NBLデータベース」 年間利用料16,800円[半年8,400円](+税)

◎NBLのお申込み・お問合せは下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p002#nbl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資┃料┃版┃商┃事┃法┃務┃最┃新┃号┃

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<10月号>

●視点 金商法上の課徴金制度における審判手続の意義 川口恭弘

○2019年度ISS反対・賛成推奨の傾向分析 濱田裕司/フランク潤

●上場子会社のガバナンス状況の分析――本則市場上場・3月決算の上場子会社174社について―― 塚本英巨

○報酬ウォッチング 第13回――SAR、報酬支給基準日バックデート問題の考察――澁谷展由/阿部直彦

●国際興業管理法人税更正処分取消請求事件

 控訴審:東京高判令元・5・29(上告受理申立て)

 原 審:東京地判平29・12・6

○2019年シーズンのCGコードの開示 関連当事者取引,株主の権利保護,資本政策 河島勇太/河西和佳子

●MD&A(経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析)(2)  清水誠/伴聡志

○2019年6月総会 事業報告の記載事例分析<第1回> 三菱UFJ信託銀行 法人コンサルティング部 会社法務コンサルティング室

●2019年9月総会68社

・株主総会概況

・招集通知の外観・記載内容

・目的事項の表示・付議議案

・付議議案の記載内容

・事業報告

・計算書類

・監査報告書

・株主の質問

・臨時総会動向(9月開催6社)

○つぶやき 米国大統領選挙とコーポレート・ガバナンス

 

◎資料版/商事法務最新号の目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p007

◎資料版/商事法務バックナンバーの目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/siryoban/siryoban-backnumbers

※「資料版/商事法務」(月刊誌) 年間購読料43,000円(+税)《分売不可》

 雑誌購読者向け「資料版/商事法務データベース」年間利用料21,600円(+税)

◎資料版/商事法務のお申込みは下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p002#shiryoban

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

旬┃刊┃商┃事┃法┃務┃最┃新┃号┃※公益社団法人商事法務研究会発行

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<11月15日号>

●社長・CEO後継者計画の現状と課題 佃秀昭

○取締役会評価の現状分析と今後の課題-2019年9月末のCG報告書を題材に- 岩田宜子/森央成

●役員報酬の動向・課題の検証-報酬ガバナンス深化のあり方- 阿部直彦

○不祥事発生時の株主総会対応 磯野真宇/秀永祐介

●株式会社の解散の訴え 原弘明

○少人数私募により発行された有価証券の転売(金商法2条4項関係) 中村慎二

●デラウエア会社判例理解のための手続法的基礎 第7回 訴答段階(3)-クラス・アクションと訴答・和解 板持研吾

○英国スチュワードシップ・コードの改訂

●「不祥事予防に向けた取組事例集」の公表

○スクランブル 取締役会事務局アンケート集計結果をみて

●別冊付録

・会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案新旧対照条文(抄)

 

◎商事法務研究会ではtwitterアカウントを運用中。Follow me!

https://twitter.com/SHOJI_HOMU

◎旬刊商事法務最新号の目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.or.jp/article?articleId=10302272

◎旬刊商事法務バックナンバーの目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.or.jp/p022

※「旬刊商事法務」(月3回発行) 年間購読料33,000円[半年16,500円](+税)

◎旬刊商事法務のお申込み・お問合せは下記へ(公益社団法人商事法務研究会)↓

https://www.shojihomu.or.jp/p009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の登録申請受付を開始しております。

申請から登録までの手順の流れや登録申請料、各種資料などは、下記URLからご確認ください。

https://wcmsmark.secure.force.com/

◎自己適合宣言登録制度の登録更新申請料が下記のとおり決まりました。(※いずれも税別)

 大規模事業者:52万円

 中規模事業者:37万円

 小規模事業者:22万円

◎登録事業者一覧

https://wcmsmark.secure.force.com/WCMS_operators?common.udd.actions.ActionsUtilORIG_URI=%2Fapex%2FWCMS_operators

 ※11月15日:2社登録

 ・朝日生命保険相互会社

 ・野村ホールディングス株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■シンポジウム「データ戦略の課題と未来」

日 時:2019年11月27日(水)13:30~17:00

場 所:弁護士会館2階 クレオBC

報告者とテーマ(予定):

(1)「データ戦略と法務・コンプライアンス戦略の一体性の確保」

 中崎 隆(中崎・佐藤法律事務所代表弁護士/第一東京弁護士会IT法研究部会会員)

(2)「戦略的なデータの利活用:最新トレンドと課題」

 工藤卓哉(アクセンチュアデジタル Chief Innovation Officer,ARISE analytics 取締役 Chief Science Officer(CSO))

(3)「データ戦略と仕組み作り」

 別所直哉(紀尾井町戦略研究所株式会社理事長/ヤフー株式会社シニアアドバイザー)

(4)「データ戦略のためのITシステム-IoTとはデータ戦略である-」

 松本 泰(セコム株式会社IS研究所マネージャー)

(5)「データ戦略と法務における取組み」

 舟山 聡(日本マイクロソフト政策渉外・法務本部 副本部長/弁護士)

(6) パネルディスカッション

主 催:日弁連法務研究財団

共 催:第一東京弁護士会総合法律研究所IT法研究部会

参加費:無料(弁護士に限らずどなたでも参加いただけます。)

お申し込み:下記ウェブサイトよりお申込みください。

http://www.jlf.or.jp/work/kenshu_190910.shtml

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東京大学ビジネスロー・比較法政研究センター 第8回ビジネスロー講演会

日 時:2019年11月28日(木)15:00-16:30

場 所:東京大学本郷キャンパス法文1号館25番教室

講 師:深澤祐二氏(東日本旅客鉄道株式会社代表取締役社長)

テーマ:JR東日本グループの変革

受講料:無料

主 催:東京大学ビジネスロー・比較法政研究センター(ビジネスロー部門)

協 力:東日本旅客鉄道株式会社・公益社団法人商事法務研究会・経営法友会

お申し込み:下記ウェブサイトよりお申込みください。

https://www.shojihomu-portal.jp/seminar?seminarId=9753050

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本登記法学会 第4回研究大会

日 時:令和元年11月30日(土)10:00~17:30(開場9:30)

場 所:司法書士会館地下1階 日司連ホール(東京都新宿区四谷本塩町4番37号)

テーマ:「法改正と登記(仮)」

プログラム(午前):「会社法改正と商業登記(仮)」

報告① 鈴木龍介氏(司法書士)

    「 登記情報の公開のあり方~代表取締役の住所登記を中心に(仮)」

報告②  伊藤雄司氏(上智大学法学部教授)

    「 会社情報の開示のあり方と商業登記~新株予約権にかかる登記事項についての会社法改正を素材として(仮)」

プログラム(午後):「民事法改正と不動産登記(仮)」

報告①  七戸克彦氏(九州大学大学院法学研究院教授)

    「配偶者居住権(仮)」

報告② 伊藤直樹氏(土地家屋調査士)

    「表題部所有者不明土地への土地家屋調査士の参画と限界~令和二年末に創設される新たなスポット財産管理者となりうるか(仮)」

報告③ 山内鉄夫氏(司法書士)

    「技術革新と不動産登記(仮)」

定 員:100名

参加費:資料代を当日会場にて申し受けます(3,000円(当学会の会員は無料))

    ※終了後、懇親会を行います(懇親会費6,000円程度)。

共 催:日本司法書士会連合会、日本土地家屋調査士会連合会、日本登記法学会

詳細・参加申込み:当学会のホームページをご参照ください。

http://www.toukihou.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆民法(債権法)改正検討委員会ホームページはこちら↓

https://www.shojihomu.or.jp/minpousaikenhou

★法教育フォーラムホームページはこちら(メルマガ登録も)↓

 毎月第1第3木曜日に「法教育レポート」更新中

http://www.houkyouiku.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

商事法務 Mail Magazine No.1599(2019/11/19)

◆発信元 株式会社商事法務 《編集:メルマガ編集室》

 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10茅場町ブロードスクエア3階

 tel03-5614-5648(総合企画室)fax03-3664-8845