◆SH2852◆弁護士の就職と転職Q&A Q96「『人脈/コネ』は採用選考のセールスポイントなのか?」 西田 章(2019/10/28)

弁護士の就職と転職Q&A

Q96「『人脈/コネ』は採用選考のセールスポイントなのか?」

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 採用は、本人の能力と人柄、それから、ポジション/仕事へ熱意によって審査されるべきものです。親の職業や社会的地位で決まるものではないので、エントリーシートには、家族関係を記載する欄もありません。ただ、当落線上の候補者が、人脈やコネを絡めた自己PRをすることで、「採用してみよう」と判断してもらえた事例も現実には存在します。

 

1 問題の所在

 法律事務所は、経営体としては、いずれも中小企業の域を出ませんので、「親のコネで、能力も無い二世を受け入れる」という余裕はありません。本人の能力を知るためには、「親の職業から優秀な遺伝子を受け継いだ可能性を推認する」よりも、予備試験の順位やロースクールの成績、司法試験の合格を基に検討するほうがよほど合理的です。上場企業の役員の子弟を迎え入れても、企業は、適材適所で外部法律事務所を使い分けるために、「息子がお世話になっている事務所に依頼しよう。」ということにはなりません(オーナー経営者ならば、外部事務所を恣意的に選ぶ権限はあるかもしれませんが、事業の成功を心の底から追求すれば、外部委託先は実質で評価されます)。

 また、「育ち」がよければ、裕福層のコミュニティに所属しているため、「二世を受け入れたら、営業力を期待できるのではないか。」という見方をされることもありますが、「弁護士は、一人前になったら、転職もできるし、独立もできる。」ということまで視野に入れたら、「人脈がある弁護士ほど、事務所への依存度が低くなるので、転職・独立がしやすい」(アソシエイトに潜在的な営業力があっても、その果実を享受する権利が事務所にあるわけではない)という事情もあります。

 このように考えてみると、採用の場面において「人脈/コネ」を売りにすることは、理屈の上では、あまり意味がない(むしろ、「聞かれてもいない人脈」をアピールするのは恥ずかしい)と考える人もいます。それでは、どのような場合であれば、「人脈/コネ」に、採用選考を前向きに進める作用が生まれるのでしょうか。

 

2 対応指針

 法律事務所の採用選考において、「人脈/コネ」には、「見ず知らずの応募者」と自分たちとの間に接点を感じさせてくれる(=知らないことによる不確実性を埋めてくれるような)心理的効果があります。

 まず、「共通の知人」がいることは、「本人に対する理解」及び「うちの事務所を応募してくれた志望動機に対する理解」を深めることができます。

 また、「共通の知人」がいれば、「この応募者は、自分の利益と事務所の利益が対立する場面においても、安易に自分の利益だけを追求するような言動に出ないだろう」という規律付けが働くことを期待できます。

 このことは、結果的に、「本人の能力に関する客観的データ」だけでは採用を決定し切れない場面でも、「ご縁を感じさせる」ことで、オファーを出すことを促してくれるため、事実上、「立証責任の転換」をもたらす効果が認められます。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)