◆SH2879◆民事司法改革シンポジウム 民事司法改革の新たな潮流 ~実務をどう変えるべきか~⑥(2019/11/11)

民事司法改革シンポジウム
民事司法改革の新たな潮流~実務をどう変えるべきか~⑥

◇開催日 2019年3月23日(土)午後1時~午後4時

◇会 場 弁護士会館2階講堂クレオ

第2部 パネルディスカッション

「利用者の視点から実務の課題と解決策を議論する」

パネリスト

主婦連合会会長 有田芳子

神戸大学大学院法学研究科教授 窪田充見

日本経済団体連合会ソーシャル・コミュニケーション本部長 長谷川雅巳

慶應義塾大学大学院法務研究科教授 三木浩一

元日本経済新聞社論説委員・元法テラス理事 安岡崇志

日弁連・民事司法改革総合推進本部本部長代行 小林元治
 

コーディネーター

日弁連・民事司法改革総合推進本部副本部長 出井直樹

 

コーディネーター・出井 さて、三木先生から包括的な提言をいただきましたが、それぞれ有田さん、長谷川さん、ユーザーサイドから一言ずつコメントをいただいて、その上で、実務家サイドで小林さんからコメントをいただきたいと思います。それでは、有田さんのほうから。

有田 和解に至ることが多いということの話の中から言えば、何か良さげではあるのですが、実は相手方の保護と人権など、そういうところが非常に気になるところです。そういうことが解決されているのかなと思いましたが、よく理解していませんので、この程度のコメントで終わらせていただきます。

長谷川 三木先生のお話にコメントさせていただく前に、ちょっと宗像長官のお話に関連して、簡単に申し上げたいと思います。先ほど、宗像長官に御説明いただいた特許改正の御提案につきましては、正直申し上げまして、経団連としては、これは既に2017年の3月に報告書が取りまとめられた特許制度小委員会の報告書において、導入が見送られた査察制度をもう一度再検討するようなものではないかなということで、結構驚きをもって受け止めておりました。

続きはこちらから(どなたでもご覧いただけます)

バックナンバーはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索