◆SH2875◆民事司法改革シンポジウム 民事司法改革の新たな潮流 ~実務をどう変えるべきか~⑤(2019/11/08)

民事司法改革シンポジウム
民事司法改革の新たな潮流~実務をどう変えるべきか~⑤

◇開催日 2019年3月23日(土)午後1時~午後4時

◇会 場 弁護士会館2階講堂クレオ

第2部 パネルディスカッション

「利用者の視点から実務の課題と解決策を議論する」

パネリスト

主婦連合会会長 有田芳子

神戸大学大学院法学研究科教授 窪田充見

日本経済団体連合会ソーシャル・コミュニケーション本部長 長谷川雅巳

慶應義塾大学大学院法務研究科教授 三木浩一

元日本経済新聞社論説委員・元法テラス理事 安岡崇志

日弁連・民事司法改革総合推進本部本部長代行 小林元治
 

コーディネーター

日弁連・民事司法改革総合推進本部副本部長 出井直樹

 

コーディネーター・出井 それでは、この課題の議論の締めくくりとして、安岡さん、有田さんからそれぞれ簡単に補足があればいただきたいと思います。

安岡 先ほど宗像長官の御講演にもありましたけれども、中国に対抗して、安倍総理はいつも法治という価値観のもとに集まっている我々と中国は違うんだということをおっしゃるんですけれども、果たして生活上の困りごとを国民が法律で解決しようとしない。それから、その道が閉ざされている、今の日本が法治国家といえるのか、政府の方はその辺十分考えていただきたいと思います。

有田 IT化に対して反対するだけでは司法アクセスは改善されないと言うことは承知しています。しかし、絶対に問題が起こらないということはないでしょうし、何事もリスクゼロはあり得ない。反対するというよりも、問題点が多々ある中を拙速に進めてほしくないと言うことです。問題が起こらないように対応しながら、どうIT化を進めていくかということを考えていただきたい。
 それから、やはりフェイス・ツー・フェイスとおっしゃったように、その文字や人間の感情を受け止めてもらい、どうしたらいいかということで、心に傷をもって、誰かに相談したらいいかわからないけれど解決を望んでいる人にとっては、感情を受け止めることも非常に重要なことだと思っています。
 それから、IT化について、20年前も国際知財のこともずっと取り上げられていました。今回あまり広がってしまって、話が散漫になるので書きませんでしたが、 20年前も言われていて、20年後もまた新しいことのように言われているということは、非常に何か不思議でなりません。

コーディネーター・出井 ありがとうございました。司法アクセスの問題、いろいろな問題があるということ、それから、いくつか新たな立法課題も浮かび上がったと思います。
 それでは、次の課題に移りたいと思います。民事訴訟法等法的手続の中での証拠・情報収集の問題でございます。では、三木さん、問題提起をお願いいたします。

続きはこちらから(どなたでもご覧いただけます)

バックナンバーはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索