◆SH2869◆民事司法改革シンポジウム 民事司法改革の新たな潮流 ~実務をどう変えるべきか~③(2019/11/06)

民事司法改革シンポジウム
民事司法改革の新たな潮流~実務をどう変えるべきか~③

◇開催日 2019年3月23日(土)午後1時~午後4時

◇会 場 弁護士会館2階講堂クレオ

第2部 パネルディスカッション

「利用者の視点から実務の課題と解決策を議論する」

パネリスト

主婦連合会会長 有田芳子

神戸大学大学院法学研究科教授 窪田充見

日本経済団体連合会ソーシャル・コミュニケーション本部長 長谷川雅巳

慶應義塾大学大学院法務研究科教授 三木浩一

元日本経済新聞社論説委員・元法テラス理事 安岡崇志

日弁連・民事司法改革総合推進本部本部長代行 小林元治
 

コーディネーター

日弁連・民事司法改革総合推進本部副本部長 出井直樹

 

● 第2部 パネルディスカッション

司会・成瀬 それでは、パネルディスカッションを始めさせていただきます。最初にパネリストの御紹介をさせていただきます。

 パネリスト(壇上左から):
  元日本経済新聞社論説委員/元法テラス理事 安岡崇志様
  慶應義塾大学大学院法務研究科教授 三木浩一様
  神戸大学大学院法学研究科教授 窪田充見様
  日本経済団体連合会ソーシャル・コミュニケーション本部長 長谷川雅巳様
  主婦連合会会長 有田芳子様
  日弁連民事司法改革総合推進本部本部長代行/弁護士 小林元治

 コーディネーター:
  日弁連民事司法改革総合推進本部副本部長/弁護士 出井直樹

 パネルディスカッションの進行につきましては、コーディネーターの出井さんにお願いしております。出井さん、どうぞよろしくお願いいたします。

コーディネーター・出井 皆さん、こんにちは。出井でございます。私から、最初に簡単に、パネルディスカッションの趣旨を紹介申し上げます。お配りしておりますパンフレットを御覧いただきたいと思います。
 日弁連では、2014年6月に、ここに書いてあります、「今、司法は国民の期待に応えているか。我が国民事司法の現状と課題」というシンポジウムを行いました。本日の民事司法改革シンポジウムは、その続編ということになるかもしれません。しかし、冒頭菊地会長の挨拶にもありましたとおり、新たな動きも出てきております。政府においても、民事司法改革を政府を挙げて推進をするということが閣議決定をされております。さらには、先ほど特別報告にもありましたように、民事司法の重要な分野である知的財産関係訴訟について、証拠収集、それから損害賠償の二つの側面を中心に法改正の動きも出てきているということもございます。
 これらを踏まえて、また、菅原教授に基調報告をいただいた利用者の視点での現状分析も踏まえて、パネラーの方々から民事司法改革の方向性と課題について、議論をいただきたいと思います。
 民事司法の課題というのは非常に広いわけです。今回は基調報告、それから特別報告を受けて、あえて三つの柱に絞っております。三つといいますのは、民事司法へのアクセスの問題、民事司法手続における情報・証拠の収集の手段の問題、損害賠償額の算定の問題、の三つでございます。
 このように三つに絞りましても、まだ広いわけです。三つのそれぞれの柱について、1日かかってシンポジウムをやってもおかしくないテーマでございます。盛りだくさんで、かつ時間が限られておりますので、不安ではございますが、何とかコーディネートを務めさせていただきます。
 前置きはこれぐらいにしまして、早速パネルディスカッションに入りたいと思います。初めに各パネリストから、それぞれ自己紹介の補充も兼ねまして、時間を限って恐縮ですけれども、手短に問題意識等を述べていただければと思います。それでは、安岡さんのほうからお願いいたします。

続きはこちらから(どなたでもご覧いただけます)

バックナンバーはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索