◆SH2827◆「決済法制及び金融サービス仲介法制に関するワーキング・グループ」が初会合を開催――まずは決済法制に係る「資金移動業」について具体的・実務的な審議 (2019/10/16)

「決済法制及び金融サービス仲介法制に関するワーキング・グループ」が
初会合を開催

――まずは決済法制に係る「資金移動業」について具体的・実務的な審議――

 

 金融審議会「決済法制及び金融サービス仲介法制に関するワーキング・グループ」(座長・神作裕之東京大学大学院教授)の初会合が10月4日、開催された。

 「決済法制」と「金融サービス仲介法制」については、「金融制度スタディ・グループ」(座長・岩原紳作早稲田大学大学院教授)において審議し、取りまとめた結果が今年7月26日、「「決済」法制及び金融サービス仲介法制に係る制度整備についての報告≪基本的な考え方≫」として公表されている。同報告では「今後、本報告も踏まえ、まずは、①「決済」法制、②金融サービス仲介法制、の2つに関して、着手が可能な論点から、制度整備に向けた具体的な議論を進めていくことが期待される。その際、こうした制度を前提として新たなビジネスを営む事業者に対し、当局が適切に検査・監督を行っていくため、必要な対応を講じることも重要である」としており、9月25日開催の「第42回金融審議会総会・第30回金融分科会合同会合」も経て開催されたのが、今般の「決済法制及び金融サービス仲介法制に関するワーキング・グループ」である。

 メンバーは座長以下25名で、大学・大学院教授8名の学識経験者を始め、金融関係団体の役員・幹部、シンクタンク理事長、弁護士、消費者団体世話人などが就任した。オブザーバーとして消費者庁、法務省、財務省、経済産業省、日本銀行が加わる。

続きはこちらから

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索