◆SH2804◆経産省、JIS規格の9月分改正で顧客満足取組みの指針をISO改正に対応――日本産業規格 Q10001など、行動規範・苦情対応・紛争解決の3指針 (2019/10/02)

経産省、JIS規格の9月分改正で顧客満足取組みの指針をISO改正に対応

――日本産業規格 Q10001など、行動規範・苦情対応・紛争解決の3指針――

 

 経済産業省は9月20日、定例のJIS規格制定・改正に関する9月分の発表において、「組織の顧客満足に関わる取組みのための指針」として ISO(国際標準化機構)から発行されている ISO 10001、ISO 10002、ISO 10003の改正を受け、対応するJIS規格「JIS Q10001」「JIS Q10002」「JIS Q10003」を改正したと発表した。

 日本工業規格として親しまれてきたJISは、平成30年の通常国会で可決・成立した「不正競争防止法等の一部を改正する法律」(平成30年5月30日法律第33号)による工業標準化法の改正により、同法の法律名が産業標準化法に改められるとともに、JIS自体も今年7月1日から「日本産業規格」へと変更されている。情報技術の革新や業種を超えた国際標準化を背景として、標準化の対象の「データ」「サービス」「経営管理」等への拡大、JISの制定等の民間主導による迅速化、JISマークの信頼性確保のための罰則強化(法人等に対する罰金刑の上限を100万円から1億円に引上げ)、官民の国際標準化活動の促進が図られたもので、伴って、JISマーク表示制度・JNLA制度関連の命令・省令・告示も改正等されており、留意しておきたい。

続きはこちらから

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索